Greece

シームレスなソリューション: 統合された工場管理の恩恵を得た Hellenic Dairies

ストーリーの概要

ギリシャの乳製品製造者 Hellenic Dairies は 7 つの充填ラインおよび広範な加工処理装置を利用する、テトラパックの古くからの顧客です。 同社は東南ヨーロッパにおいて、液体乳製品、チーズ、ヨーグルト、ジュース、果汁飲料、非炭酸飲料の分野で確固たる地位を保っています。 2016 年には、ルーマニアのブラショブにある工場への主要な投資として、テトラ・パックと当社の戦略的サプライヤー・Elettric80 と緊密に連携し、倉庫保管に至るまでの全工程を網羅するたライン装置を導入しました。 その結果、工場内のすべての作業が自動化され、ほとんどのエラーを排除しつつ生産性を向上し、さらに大幅なコスト削減も実現しました。

強固な伝統を築く

Hellenic Dairies は 1985 年に創立されました。創立当初の同社は地元産の牛乳を使用して高品質な製品を製造し、本拠地であるテッサリでの販売を重視していました。 製品ポートフォリオが、新しい種類のチーズ、ヨーグルト、ジュース、バター、乳製品代替品を含むまでに拡大するにつれ、同社が国内で販売する範囲も広がっています。 2000 年、同社はギリシャ全土での販売を開始し、現在では、ドイツ、イタリア、イギリス、スウェーデン、中国などの重要な市場を含む 約 20 か国に同社製品が輸出されています。 Hellenic Dairies はテトラパックと 25 年以上にわたり協働し、同社の加工業務を確立しています。現在では、Tetra Pak® A3/Flex 充填機 3 台、Tetra Pak® A3/CompactFlex 充填機 2 台、Tetra Pak® TR/2 および Tetra Pak® TR/7 各 1 台ずつの計 7 台の充填ラインを稼働させています。

課題: 全工程を網羅する自動化がなされていないために多くのエラーが発生

Hellenic Dairies は 1999 年にルーマニアでその存在を確立しました。2011 年にはブラショブで未開発の工業用地への投資を決定し、それ以降も、製品ポートフォリオと地域内の生産能力を拡大するために投資を続けています。 それにもかかわらず、同社は工場の効率的な運営を阻むいくつかの課題に直面しました。 高い従業員の離職率 (ルーマニアの失業率が著しく低い結果) 、自動化プロセスの欠如、そして、最適でないワークスペース内の構造が、エネルギーと空間の無駄やパレット積載時のミスといった非効率性につながっていました。 ERP システムと生産の間の情報は手動でやり取りされ、注文処理のエラーの原因になっていました。 全体として、Hellenic Dairies はこれらの問題のために年間約 25 万ユーロのコストを支払っていました。 生産性は悪影響を受け、トレーサビリティーは困難であり、そして、問題に対処するアプローチの大部分は問題が発生した後に行うものでした。 同社は、工場を自動化する取り組みに着手し、自動化された手順を導入して既存のインフラを最大限に活用することで対応しました。

テーラーメイドのソリューション

Hellenic Dairies は複数のサプライヤーからの提案を検討し、専門的な知識を理由に Elettric80 を選択しました。事実として、同社から提案されたソリューションは Hellenic Dairies のサイトの規模とレイアウトに合わせて完璧に調整されていました。 Elettric80 のプランは、ブラショブ工場にあるすべてのラインおよび倉庫業務を事実上自動化することを目的としたものでした。 そこでは、パレットへの積載、パレットのラッピング、ラベル付け、倉庫保管、注文の準備、パレットの検査、および選別に至るまで網羅されていました。 Elettric80 が提供するソフトウェア Smart Decision Maker は自動倉庫管理システムの "頭脳" として機能し、その後もさらにパフォーマンスを改善するために使用できるフィードバックや情報を即座に利用できるようにしました。 また、このソフトウェアは Tetra Pak® Batch Manager および Tetra Pak® ライン コントローラーとシームレスに統合され、最終製品部門から物流までのあらゆる操業をもれなく統合し、同期させることができます。 納入と設置は、2 つのフェーズに分割されました。 2 台のパレット積載ロボットとパレット ラッパーは、納入から 3 か月以内設置され、フル稼働しました。 残りの 9 台のレーザー誘導車両と自動化倉庫は、納入からわずか 6 か月後に最終評価に合格し、すべてのオペレーターのトレーニングも完了しました。 この導入は、工場の普段の生産を中断することなく、シームレスに行われました。

周囲全体に利点をもたらすチーム ワーク

Elettric80 が提供したソリューションは、ライン全体と倉庫の領域に利点をもたらし、物流との接続を合理化しました。 工場は現在、単一の統合システムの下で稼働し、各領域のパフォーマンスの監視と測定に完全な透明性を提供し、最終製品のトレーサビリティーを実現しています。 従業員はチームとして効率的に機能し、フォークリフト走行用の通路に格納されているパレットといった問題点は、全体的な物理スペース最適化の一部として排除されています。 提供されたパレット積載装置によってパレットが自動的に形成およびラップされるようになったことで、エラーが解消され、ラインが停止することなくスムーズに稼働できています。 ハイライト:

  • 充填ラインの能力をフル活用することによる、ライン全体の生産率向上

  • 出荷時のエラーの解消

  • 1 パレットあたりのフィルム コストを 60% 削減

  • 有人フォークリフトのサービスおよび原材料コストを 45% 削減

  • 冷蔵およびスペースを最適化

  • 製造前の木製パレットを 100% 検査

  • 最終製品のトレーサビリティーが 100% に。

教訓

テトラパックと Hellenic Dairies の間に結ばれた長期の協力関係は、Elettric80 の高度なオートメション・ソリューションを導入する同社を後押ししました。 Elettric80 の専門知識、包括的な物流ポートフォリオの範囲、テトラパック製ラインとの完全な統合は、装置とシステム統合に関するサプライヤーと提携したいという Hellenic Dairies の要望と完全に一致しました。 Elettric80 は、今回のような特定の工場とその操業で浮上する課題にもかかわらず、完全にカスタマイズされたソリューションとスムーズな導入をしっかりと提供し、Hellenic Dairies は完全に自動化された工場の実現に踏み出すことができました。

Elettric80 のパレット積載とラッピング装置

Hellenic Dairies の数字情報:

ギリシャ、ルーマニア、およびブルガリアの 5 つの生産拠点全体で 1,200 人の従業員

年間売上高: 3 億 1,200万ユーロ (2018 年)

ギリシャのマーケット・シェア: チルド牛乳で 17%、チルド JNSDで 35%

年間 4,000 万リットルをテトラパック®のパッケージで生産

広範な加工処理の導入ベースと 7 つのテトラパックの充填ライン