操業効率の向上

資産の利用率を調査することがビジネスのプラスになる理由。 

収益率が常にプレッシャーの下にある業界では、操業効率が重要な役割を担います。 それでもなお、食品飲料業界の平均資産利用率は約 30 〜 40% という低水準です。 比較として、石油およびガス業界の資産利用率は約 80% を上回り、自動車業界では 45 〜 60% に上ります。 

裏を返せば、 ここには大きなチャンスが眠っているということでもあります。 一目見ただけで、ある程度の改善を実現すれば、大幅なコスト削減を実現できると分かります。 設備総合効率 (OEE) がほんの数パーセント増加するだけで、操業コストを大幅に削減できます。  

自社のパフォーマンスを知る 

では、操業効率をどのように向上できるのでしょうか。 そこで良い出発点となるのが、自社のパフォーマンスがどの程度なのかを知ることです。 お客様の工場に関する基本的な特徴をテトラパックのオンライン稼働ベンチマークツールに入力することで、同業他社と比較してどの程度の操業効率であるかを推定できます。 

そこからテトラパックと共に、お客様の可能性を最大限に引き出すことができます。 お客様がその可能性を実現できるよう、当社は全員参加の生産保全 (TPM) アプローチを使います。 装置、プロセス、および人員を効率的かつ体系的に改善することで、TPM はお客様の組織に持続可能なビジネス バリューを提供します。 

改善の効果を際立たせる 

この方法は組織全体を対象とし、組織の成熟度を高めるため、改善を推進するのに最適な方法です。 当社は実際的なサポート、トレーニング、そして販売店での実演を伴うコーチングに焦点を当てています。 これにより、お客様は以下を達成できます。  

  • 品質の問題を排除 
  • 生産能力を改善  
  • 積極的なチームの結成 

当社には、改善を本当に重要なところにもたらせる手段があり、それによって改善の効果が際立ちます。 お客様は当社と関わる中で、食品飲料業界での改善プロジェクトで成功を収めてきた、経験豊富な専門家を見つけることができます。 TPM を推進し、お客様の能力を高めるテトラパックのやり方は、コーチングと段階的な引き継ぎに基づいています。この理由は、テトラパックが実践を重視する企業であるからです。

さらに、当社のデジタル ツールや予知保全ソリューションでは、リアルタイムのデータを使用して、いつどこで行動を起こすべきかを分析します。 

オンライン ツールを試す 

稼働ベンチマーク ツールで最初の一歩を踏み出し、お客様が自社の可能性をどのように発揮できるかをさらに探るため、テトラパックにお問い合わせください。  

---- 
 

Tetra Pak は、世界をリードする食品飲料メーカーと協力することによって、納品の信頼性について他の追随を許さない専門知識を開発しました。 当社は各種包材、装置、サービスによってお客様をサポートする新たな方法を生み出し続けています。 

これが、世界中のお客様が納品の信頼性を保証するために当社との提携を選ぶ理由です。 当社の重要な役割の詳細については、 www.tetrapak.com/services をご覧ください。