アルタ・ファルマシア社が乳児用粉ミルクとベビーフードの分野で成長を遂げています

アルタ・ファルマシア社は新しい工場に投資することで、自社の将来をコントロールしています。 この工場はテトラパックの設備を利用して乳児用粉ミルクを製造しており、新しい成長の機会に向けて着実に同社の環境を整えています。

ヌトリベン(Nutriben)は地元スペインの市場では有名な高品質ベビーフード製品のブランドで、ポルトガル、イタリア、フランスなどの近隣諸国でもよく知られています。 ヌトリベン(Nutriben)製品は 、ファミリー企業であるアルタグループに属するアルタ・ファルマシア社が製造および販売を行っています。

Nutriben ベビーフードと乳児用粉ミルク

ヌトリベン(Nutriben)の製品ラインは、乳児用粉ミルク、シリアル、そしてピューレで構成されています。 一流の製品プロファイルを維持することは重要であり、そのためにこれらの製品は主にスーパーマーケットではなく薬局で販売されています。 同社はまた小児科医達と密接な関係を築いており、子供を持つ親たちに製品を推奨してもらっています。

同社は長年にわたって乳児用粉ミルクを販売していますが、製造に関してはサプライヤーに依存していました。

アルタ・ファルマシア社の工場長のトリスタン・ジュスエ・ゴルタザール氏は次のように話しています。「当社では 2010 年、売上を向上させ新しい粉ミルクを開発するため、自社工場に投資することを決めました。」

アルタ社には乳児用粉ミルクの工場を運営した経験がなかったため、サプライヤーの選択が戦略的に重要でした。

「我々は機械設備を設置するだけでなく、それによる製品の製造方法も教えてくれる相手を求めていました」とジュスエ氏は語っています。 「また、高品質で均一な製品をコスト効率よく製造するため、高度に自動化された工場を設立することを目指していました。」

このプロジェクトには、世界をリードするサプライヤー 3 社が入札を求められました。 最終的に、アルタ社はテトラパックにこの業務を委託することにしました。

「テトラパックの社員には大きな信頼を寄せています。彼らにはこのようなプロジェクトを遂行する能力があります」と同氏は語っています。

方策として選ばれたのは、原材料の受領から粉ミルクの生産まですべてを含む一括請負プロジェクトでした。 ウェットエリアではさまざまな原材料が Tetra Pak® 高せん断ミキサーによって混合され、 Tetra Therm® ラクタ殺菌機に投入されて、そこで製品が加熱殺菌された後、タンクに移送されてドライエリアに運ばれ、 Tetra Pak® 薄膜流下式エバポレーターおよび Tetra Pak® スプレー ドライヤーによって処理されます。 このシステムには 2 つの Tetra Pak® CIP ユニット・システムも含まれています。 すべてのエリアはテトラパックの自動システムによって制御されます。 安定した最高品質の製品を製造を実現するには、混合フェーズが極めて重要です。 「このミキサーには大変満足しています。 非常に高速で、確実に機能しており、 極めて均一で標準化された安定した品質の製品を製造してくれます。」

登録してお客様の事例の詳細をご覧ください

ミルクを飲む赤ちゃん、哺乳瓶

登録してダウンロードする

フォームに入力して送信ボタンを押すと、「Alter Farmacia 社が乳児用粉ミルクとベビーフードの分野で成長を遂げる」の事例詳細をダウンロードできます

提供した情報が テトラパックのプライバシー ポリシーに準拠する場合に限り、利用されることに同意します