スープをサーブする

缶入りスープは紙容器入りスープに変わりました。 Tetra Recart® (テトラ・リカルト)容器に入ったスープは、特に米国で成長している分野で、目利きのお客様に最適なようです。

ますます多くのテトラ・リカルト容器入りのスープが米国の店頭に並ぶようになり、紙容器は現在スープ市場で最も急速に成長しているパッケージングです。 米国では、「ベビーブーム世代」と「ミレニアムズ」と呼ばれる 2 つの顧客グループで、紙容器入りの製品が選ばれています。新鮮で健康的に感じられるというだけでなく、保存が容易で開けやすく、リサイクルも可能な点がその理由です。

テトラ・リカルト容器入りのスープは現在、ウォルマート、クローガー、セーフウェイ、コストコなどの米国の大手チェーン店や、オーガニック・チェーン店のホールフーズなどの専門店で販売されています。 食品大手のゼネラルミルズ社も昨年秋、当社のパッケージングで 5 種類の具だくさんスープを米国東海岸で発売しました。銘柄は米国で 2 番目に大きなスープ・ブランドである Progresso です。 これらのスープは米国のメディアやブログで非常に注目され、秋にニューヨークで開催された大規模な食品とワインの催し物にも登場しました。そこで、米国の番組「マスターシェフ~天才料理人バトル!」の審査員の一人で、美食家としても有名なジョー・バスティアーニッチ氏によって紹介されました。

テトラ・リカルト容器にパックされたスープ

ゼネラルミルズの具だくさんスープ Progresso には「チキン・カチャトーレ、ニョッキ入り」や「マサラカレー、カボチャ入り」などの味があり、500 ml のテトラ・リカルト® 容器で販売されています。