Lund, Sweden

テトラ・リカルト テスト工場の成功

豆のスープは中国ではどんな味がするのでしょうか。 そして、アメリカ人はどうしてハマスを好きになったのでしょうか。 他にも、スペイン人のラタトゥイユはどうでしょうか。 このような疑問の数々に対する答えを、ルンドのテトラ・リカルト テスト工場と協力しているチームに聞いてみましょう。 味とパッケージングの両面で製品を発展させようと、この場所に足を運ぶお客様が徐々に増えています。

テトラ・リカルトの食品開発チーム

食品テクノロジストのファニー・セデルガルドとベルリアナ・シマンジャンタック、シェフのピーター・ブルンケスタム

スイートコーン、チーズ、ブイヨン、新鮮なハーブ、厚切りのサーロイン ステーキなどは、ある日のテスト工場のテーブルの上に置かれる物のほんの一部です。 スイート コーンは甘くてシャキッとしている一方、チーズは白くてクリーミーです。シェフのピーター・ブルンケスタムは、さまざまなボールの中で食材をを混ぜ合わせながら、どの材料の組み合わせが効果的かを考えます。

彼は食品テクノロジストのファニー・セデルガルドとベルリアナ・シマンジャンタックとチームを組みました。 彼らは調理する時間、量、温度、および品質保持期間についての知識を持ち、製品開発において重要な役割を果たします。

あらゆる種類の食品のテスト工場

テスト工場には、ミックス ベジタブル、豆やトマト、澄んだスープ、ソース、すぐに食べられる総菜などの製品があります。 食品テクノロジストは、テクスチャー、味、加熱プロセスが適切なものになるよう、レシピを微調整します。

「ここに来たお客様は、私たちと一緒にレシピや新しい代替調味料をテストします。 お客様は鍋を自由に使ったり、持ち込んだ材料を使ったりできます」と、ピーターは話します。 「また、自社の生産ラインに影響を与えることなく、1 日または 1 週間の期間で試運転を行うことができます。 テスト工場はより簡単で、費用対効果の高い選択肢です」

150 のブランドと 50 の市場

150 以上のブランドと 50 の市場を代表するお客様たちが、当社の工場を訪れています。 オーナー、技術者から、想像力豊かなシェフや営業担当者まで、誰もが自分のアイデアを "実生活" で試すためにやって来ます。 テスト工場では、お客様は消費者向けの試供品や品質保持期間のテストなどを目的に、最大 1,000 個のパッケージを生産できます。 お客様が困難に直面するときがあるとしても、ピーターは訪問を歓迎します。

彼はサーロイン ステーキをスライスしながら、次のように述べます。「技術サポートには、世界中のお客様に送信可能なモバイル テスト ユニットという重要な一面があります。 包装、シール、滅菌を行う生産ライン。「このメリットは、紙パックがお客様にとって初めて扱うコンセプトの場合などに、私たちが疑問に対して迅速に回答できるという点です」

また、製品が最終顧客に到達するまでに何が起こるかを知ることが重要であるため、テスト チームは製品が温度の変化にどれだけ耐えられるかも調べます。 「この機械では、パッケージをさまざまな温度にさらすことができます」と、ベルリアナは説明します。

当社のテスト工場にご興味がありますか?