Lund, Sweden

Tetra Rex® - (テトラ・レックス)容器による差別化

1965 年のテトラ・レックス容器の導入以来、この容器は世界中の冷蔵庫に必ず入るようになりました。 当社では、世界中の 50 の市場で 860 以上のブランドにこの容器を供給しており、現在では年間で75 億個の容器を販売し、最終製品で発揮されるその高度な性能と環境面での優れた特性は、多くの市場で支持されています。

牛乳の重いガラス瓶に代わって使用されるようになったテトラ・レックス容器は、その広範な用途を広げ続けています。 牛乳に続いて、サワーミルク、クリーム、ヨーグルト、ジュース、清涼飲料なども、この容器に入っています。 お客様のますますの創意向上と消費者のニーズの多様化に伴い、デザート、プディング、スープ、アイスクリーム・ミックスなどの製品にもテトラ・レックス容器が続々と使用されるようになっています。  

テトラ・レックスの屋根型紙容器

過去 12 か月でも、最新のグローバルな傾向と革新的な数々の製品に後押しされ、さまざまな飲料と食品の分野で、200 以上もの新製品がテトラ・レックス容器に詰められて世界中で発売されました。 最近の主な傾向として健康指向があり、「栄養強化」、「オーガニック」、「自然食品」を、時にはその三つすべてをうたう数々の新製品が見られます。

また、栄養を強化した食品、グルテンを含まず、糖類、防腐剤を使用していない食品、ハラル認定コーシャ認定をうけた食品などが「体に良い」製品として市場に大量に出回っています。 ライス、ナッツ、種をベースにした飲料が、卵、コーヒー、ワインなどと同様に、テトラ・レックスに詰めて販売されるとは、50 年前には想像もできませんでした。 ヨーグルト・クワルクと、ヘーゼルナッツのエッグノッグや塩味のキャラメル・クリーマーといった、これまでにない成分の組み合わせから生まれた製品など、興味深い新たな発想も見られます。 自然のメラトニンを含み、安眠に効果的と言われる搾りたての牛乳は言うまでもありません。

これらの製品が今日実現していることは確かですが、それらはテトラ・レックス容器に潜む可能性のほんの一端に過ぎないかもしれません。 テトラ・レックス容器でさまざまな製品分野に対応し、新たな発想が生まれるように当社がたゆみない努力を続けている理由はここにあります。

端的に表現するならば、テトラ・レックス容器の概念は、50 年前に登場したときから、その有意性と革新性を披瀝し続けています。