Tetra Recart® (テトラ・リカルト)で受託製造するメリット

受託生産は生産者、ブランドオーナー、小売業者、消費者にバリューチェーン全体でメリットをもたらします。 Tetra Recart® (テトラ・リカルト)は受託製造でマッチメーカーの役割を果たし、このダイナミックに成長する分野でパートナーの皆様に新たなビジネス チャンスを生み出します。

受託生産は食品産業で急速な成長を見せており、そのメリットを理解する業界関係者たちが増えるなか、2 倍の規模に膨れ上がる見込みです。 コパッキングまたは契約生産としても知られる受託生産は、小売業者やブランドオーナーに製品イノベーションの柔軟性と機会をもたらし、生産者には資本設備の投資に対して最大の利益をもたらします。

商品棚のテトラ・リカルト紙容器

テトラ・リカルトは大手食品包装と加工機器メーカーのテトラパックが 2003 年に販売を開始した製品で、缶やガラス瓶の代替品として生産者や小売業者だけでなく、消費者にも人気があります。 レトルトが可能な紙由来の容器は、トマトや野菜ベースの食品、スープ、ソース、さらにはペットフードを包装することができます。開けやすく、取り扱いも簡単で、FSC™ 認定の持続可能な資源を使用し、また使用後にはリサイクルが可能なため、環境面でも高いパフォーマンスを提供しています。

4 大陸の 50 以上の市場で 150 を超えるブランドが生産されているテトラ・リカルトは、グローバルな存在感、経験、専門技術、およびネットワークを備えており、バリューチェーン全体でグローバル マーケットにおける受託生産の機会を活用できるようになっています。 「当社は目標を実現するためにお手伝いをするマッチメーカーです」とテトラ・リカルトのリテイルマネージャーのトーマス・レスは言います。 「小売業者やブランドオーナー、生産者に新たなビジネスのアイディアを提供して、そのフォローアップとして関連のコンタクト先と専門技術を提供します。 それが成功してビジネスが拡大すると、当社のビジネスも拡大することになるので、これ以上にうれしいことはありません。」

最大の投資利益率

テトラ・リカルトのセールスおよび技術サポートの責任者であるピーター・アービットソンによると、食品の生産と包装を小売業者や他のブランドオーナー向けに手がける生産者にとって、受託生産には複数のメリットがあります。 「生産者は、充填ラインに投資して、幾つかのブランドや小売業者のために受託生産を行うと、安定性を維持できます」と言います。 「要するに機械を有効活用する必要があり、受託生産はそれを可能にして最大の投資効果が得られるのです。」

テトラ・リカルトの受託生産には物流面でのメリットもあります。 たとえば、充填されていないテトラ・リカルトの空の紙容器は、空の缶に比べて 9 倍の量をトラックに積むことができます。 「輸送に必要なスペースが少なくなるため、大幅なコスト削減が見込めます」とアービッドソンは言います。

テトラ・リカルト容器の受託生産による生産者のもう一つのメリットは差別化です。 「テトラ・リカルトのラインを持つ生産者は、たとえば缶だけの包装形式しか持たない生産者よりも、受託生産者として市場での優位性があります」とアービッドソンは言います。

柔軟なソリューションはイノベーションを促進する

ブランドオーナーと小売業者にとっても、テトラ・リカルトのパッケージング ソリューションで受託生産するメリットはたくさんあります。 その主要なものとして柔軟性があります。 「大きな資本投資を行わなくても、新しいパッケージング コンセプト、新しい生産に移行できます」とレスは指摘します。 「通常では、投資をして 1 年ほど経過してから商品棚に製品が見られるようになります。 しかし、受託生産ではすぐに決断して新しいコンセプトをテストし、後ほど独自の生産を行うかどうかを判断できます。」

テトラ・リカルトは、フードラボで新しいレシピやコンセプトをテストし、専門技術やサポートを提供しています。フードラボで、新製品の小規模なバッチを評価すると、最短で数か月後には製品販売を開始できます。

テトラ・リカルト容器で受託生産を行うなら、小売業者やブランドオーナーは、野菜、豆、トマトなどの商品化された製品でさらにイノベーションを促進できます。 「市場での新製品の発表を新たな方法で行うなど、缶などの従来のパッケージでは難しかったことを行うことができるのです」とレスは言います。 「消費者は革新的なパッケージで新しく新鮮な製品を手に入れられます。 ブランドオーナーと小売業者は、受託生産によってこれまでになかった方法でさまざまなカテゴリーをリニューアルできます。」

小売業者は生産者と同じ物流上のメリットを享受できます。パレットに積めるパッケージの数は缶に比べて約 20% 多く、商品棚では省スペースになり、店舗での処理時間を減らすことができます。 「コストを劇的に減らせるのでかなりの節約になります」とレスは指摘します。

より大きな成長、より多くの機会

受託生産の市場は力強い成長を見せています。 受託生産は今日、テトラ・リカルトのビジネスの約半分を担うまでに拡大しており、ヨーロッパ市場全体では 2020 年までに規模が倍になると各種の報告は予想しています。 「新たなチャンスがたくさんある、常に成長している市場と見なしています」とアービッドソンは言います。 「大手の小売業者が成功すると、他の小売業者もその成功を見て追随するため、軌道に乗り始めています。市場では今後本格化するはずで、大きな関心が見られます。」

レスによると、すでに採用しているブランドオーナーや小売業者は、受託生産する製品のカテゴリーを 1 つから 2 つへ、そして 2 つから 3 つへと拡大しています。 「また、受託生産社も 1 つ目のラインから 2 つ目のラインへと投資しています。 ですから、小売業者も生産者も軌道に乗り始めています。」

受託生産の可能性に関心があるものの、最初のステップをどのように踏み出したらよいか分からない場合は、テトラ・リカルトが支援できます。 「どのようなチャンスがあるのか見極めて、当社の専門技術でサポートできます」とアービッドソンは言います。 「世界中で何が起きているのか、何が成功して何が失敗しているのかを把握しています。 バリューチェーンのすべての段階で受託生産が成功するようにお手伝いできます。」

概要

テトラ・リカルト®、レトルト可能な紙容器 * 商品棚での優れたインパクトと宣伝効果

  • 商品棚で最大 40% のスペースを節約

  • 四角い形状で軽量なため効率的な処理と輸送が可能。 缶と比べてパレットに載せられるパッケージの量は 18% 増加。

  • 便利 - 開けやすく、保管とリサイクルが簡単

  • 200ml から 500ml の容量で提供

  • FSC™ 認定の紙でつくられています。

テトラ・リカルトキャンペーン、流行の缶詰食品

Contact us for more information about Tetra Recart®

ご提供いただく情報は、当社の プライバシーポリシー で保護されます。 ドキュメントをダウンロードする、または追加の情報をリクエストするためにこのサイトで登録した場合、お客様の情報はテトラパックの組織内で共有される可能性があります。