Lund, Sweden

予知保全サービスにより、ある乳製品製造者が 140 時間以上のダウンタイム発生を防止

南米のある乳製品製造者は、予定外のダウンタイムの削減と、毎日廃棄するパック数の削減を望んでいました。 潤滑パイプの故障によるシャフトの摩耗や、油圧ポンプの圧力低下など、さまざまな故障や不具合が原因で障害が起こっていました。

障害を発生前に予知

予知保全とコンディション モニタリングにより、障害を発生前に予知できます。 重要な機器エリアのリアルタイム モニタリングを利用して、機械の停止や故障につながるおそれのある機械の機能のばらつきを特定します。

ダウンタイムと廃棄の削減

メンテナンス サービス設定の改善による財務的価値は最初の 7 か月間でおよそ 121,000 ユーロでした。 コンディション モニタリング対応のラインのおかげで、お客様は 140 時間以上の予定外のダウンタイム発生を防止できました。 その上、廃棄パック数が 4,200 個も減りました。

概要: 

  • 最初の 7 か月間で 121,000 ユーロを節約
  • 140 時間以上のダウンタイム発生を防止
  • 廃棄パック数を 4,200 個削減

お客様の工場にこれを利用する方法に関する詳細については、