大豆ハンドブック

大豆は、極東において何世紀も使用されました。 最近ではベジタリアンによって消費されますし、西欧世界の食材としても使用されています。 そして現在、大豆製品の消費は増加しています。

この本には、大豆に関する広範囲で全般的な半技術的な情報が記載されています。 大豆の品質、加工処理、パッケージング、さらには大豆の健康および栄養面でのメリットをご説明します。

増加する大豆の消費量

パッケージ大豆飲料の消費量は全世界で年 20 パーセントずつ拡大すると目されています。 この消費量の拡大は、1999 年 10 月に米国食品医薬品局の認可によって大幅に加速しました。それは、1 日 25 グラムの大豆タンパク質と飽和脂肪酸やコレステロールの少ない食習慣の組み合わせることによって心臓病の危険性が低減する可能性があるというものでした。 大豆飲料の拡大に寄与するその他の要因としては、消費者の需要にあった新製品のイノベーション、コンビニエンス ストアや喫茶店など新しい場所への展開、味の改善、大豆タンパク質のコストの安さなどがあります。

大豆ナレッジ センター

テトラパックには 40 年以上に渡る大豆飲料と加工とパッケージングの経験があります。 大豆ナレッジ センターは 2001 年に設立され、その経験の活用に取り組んでいます。 たとえば、製品開発、技術関連知識、消費者関連の知識、革新的なパッケージング、プロセッシング・ソリューションなどがあります。
大豆ハンドブックの狙いは、当社の大豆ナレッジ センターの知識ベースの共有と展開です。 大豆ハンドブックが価値を高めるだけでなく、読者の大豆に関する知識を増やすことに役立つことを望んでいます。

プロセッシング ブックストアでご購入ください。

大豆ハンドブックの詳細についてお問い合わせください