食品で検索
下記の概要から食品カテゴリーを 1 つ選択し、製品のパッケージングや加工に適したパッケージ、充填機、および加工アプリケーションにどのようなものがあるか検索します。
粉乳の入ったボウル

粉乳 – エネルギー効率よく輸送可能

粉乳は、牛乳を加熱し、蒸発によって濃縮することで作られます。 牛乳を乾燥させる理由の 1 つに、水分の少ない粉末のほうが品質保持期間が長いということがあります。 また、粉乳では液状牛乳よりも輸送コストや保管コストも低減されます。 これは、極端な気温の地域やインフラが未整備の地域で特に有用な特性です。

粉乳または粉ミルクは、脱脂粉乳か全脂粉乳に分類されます。 脱脂粉乳が最も一般的で、最大品質保持期間は約 3 年です。 全脂粉乳の最大品質保持期間は約 6 か月と短いですが、それは、粉乳の中の脂肪が保管中に酸化して、風味が徐々に損なわれるからです。

乳業メーカーにとって、粉乳は余剰ミルクを利用する賢い方法であるとともに、乳製品を他国に輸出する際にエネルギー効率のよい方法にもなります。

ベビーフードからペイストリーまで

粉乳は、次のような幅広い製品に使用されています。

  • ミルクの調製
  • パン産業でパン生地に混ぜてボリュームを増やし、保水能力を向上させます。 これにより、パンはより長い期間、新鮮に保たれます。
  • ペイストリーの生地に混ぜてよりクリスピーにします
  • パンやペイストリーで卵の代替物
  • チョコレート産業でミルク チョコレートの生産に使います
  • さまざまな調理済み食品の生産
  • ベビーフードでの母乳の代替品
  • アイスクリームの生産
  • 動物の飼料

粉乳の加工アプリケーションおよび牛乳およびホエイ(乳清)ベースの成分のろ過ソリューション の詳細を読む。

食品加工

乳製品の食品加工アプリケーション

乳製品

テトラパックの乳製品加工処理ソリューションは効率を最適化し、最低限のコストで必要な製品の品質を達成するよう設計されています。 詳細はこちら

粉乳の効率的で経済的な生産

粉乳

粉乳は UHT(Ultra High Temperature:超高温殺菌)牛乳よりも品質保持期間が長く、UHT 牛乳を輸送するための環境コストを比較しても優位性を保っています。 詳細はこちら

テトラパックデイリープロセシングハンドブック

テトラパックデイリープロセシングハンドブック

テトラパックデイリープロセシングハンドブックは、テトラパック・プロセシング事業部の広範なノウハウが凝縮されています。 ハンドブックはオンラインでもご覧いただけます 詳細はこちら

粉乳に関する詳細は、