消費者ニーズに応える

より持続可能な選択肢に対する消費者の要望が高まるにつれて、食品会社に対する環境への貢献を証明するプレッシャーは今まで以上に強くなっています。

消費者にとって重要さを増す、環境を優先した包装

市場調査会社のInnova Market Insightsによると、「going full circle(一巡する)」 を含む、2018年の流行語の上位5つの中で特に「mindful consumer(意識の高い消費者)」に注目が集まっています。

同社の調査では、「世界の消費者の半数以上が環境に優しい包装を重要視している」ことが明らかになっています。

テトラパックは独自の調査でもこの傾向を確認しています。 Ipsosがテトラパックの代理として実施した最新の調査では、次の事実が明らかになりました。

  • 消費者の43%が、環境に優しい包装はブランドを選ぶ要因として非常に大きい位置を占めると述べています。

  • 消費者の42%が製品の購入時に環境ロゴを確認すると回答し、57%が環境ロゴによってブランドを信頼すると回答しています。

  • 消費者の5人に1人(18%)が、環境に関連する理由でブランドまたは製品を購入しなかったことがあります。

「消費者がパックのラベルをより意識している今、テトラパックは自社の環境に対する考えと一致するラベルを求めています。 テトラパックは地球にとって良いと思われるように行動し、責任ある消費者でありたいと考えています。」と、テトラパックの持続可能性部門で副社長を務めるマリオ・アブレウは述べています。

より良い持続可能性を求める消費者

アブレウは、大多数の消費者の環境に対する関心が強まる中、企業はその後に続くことが非常に重要だと述べています。また企業が自社の環境への取り組みをアピールするもっとも手近な方法として、包装の選択を挙げています。

「環境に配慮する消費者はもはや当たり前の存在です。」とアブレウは述べ、さらに次のように続けました。 「私たちは、この現象を二次包装やプラスチックの議論の中で認識していますが、リサイクルの可能性は世界中の消費者にとって重要な要素になりつつあります。」

テトラパックの調査では、多くの国の食品メーカーと小売業者は紙容器をもっとも環境に優しい包装と見なし、67%はすでにエコ表示を使用していることが確認されています。 リサイクルロゴは、消費者にとってもっとも魅力的で理解しやすいと考えられています。

また、消費者が環境への責任を果たしている証拠を確認することが今以上に当たり前になるにつれ、他のメッセージもアピール力が高まるとアブレウは予測しています。 65%の企業がすでに責任を持って調達された材料またはリサイクルされた材料を使用しています。

「森林管理協議会(FSC™)の取り組みについて大きな関心が集まる中、再生可能性という概念や、化学的な工程や介入なしで自然に生長した木などの資源の使用もかなり普及しています。」

アブレウは、意識の高い消費者はスチール缶やガラス瓶と比較してCO2排出量が5分の1であるテトラ・リカルトにとって歓迎すべき現象と捉えています。 「テトラ・リカルトはもっとも環境に優しい代替製品であるとともに、テトラパックが言う2 世紀先の缶詰の姿でもあります。」

テトラパックのFSCライセンス・コードはFSC™ C014047です。

参照:

Packaging Insights: Innovation Insights in Sustainable Packaging Materials (2018 年 4 月、Innova Market Insights)

2017 年度環境調査: テトラパックとIpsosの合同調査、概要レポート、2017 年 7 月

消費者の動向について続きを読む、さらに2017 年度環境調査のレポートをダウンロード

テトラパックの消費者調査の詳細