"再生する" パッケージ

現代では、環境優位性の高い消費がより重視されるようになったことで、より持続可能なビジネスの実践の発展が後押しされ、低炭素な循環型経済に向けて歩み出しています。 この経済では、廃棄物が削減され、材料や資源が可能な限り長く使用されます。

低炭素の循環型経済の構築

現代の消費者は、より環境優位性の高い選択肢を求めています。 そして、持続可能な消費と生産を通し地球を守ることについて、これまで以上に懸念を抱いています。

循環型経済が成長するためには、主要な原材料を安定して流入させる必要があります。 植物やバイオマス由来の再生可能な資源は、再生と補充を行うことができます。 これらは自然の再生サイクルの一部であり、責任ある管理と調達を行えば、将来的にも主要な原材料を安定して利用できます。 植物やバイオマスから作られた資源は既に有限の資源から置き換わっており、それによってさらに回復力の高い経済の構築に寄与しています。

現在、テトラ・リカルト パッケージに使用される平均的な再生可能な資源は、最低でも 67% です。 当社は非常に長い期間、すべてのパッケージングを 100% 再生可能な材料から生産するために取り組んでおり、それは細かいものでありながら非常に重要なアルミニウムの保護層に至るまで徹底しています。 当社は、ガラス瓶やブリキ缶に代わる現代的な代替品など、パッケージングに使用する非再生可能な材料の量を削減し、持続可能でない有限資源からの脱却に向けた取り組みを続けます。

再生可能な資源から作られたパッケージは、次世代に向けて環境を守るために不可欠です。 木材のように再生可能な資源は時間が経てば自然と再生し、それと同時に有限資源や化石燃料から作られる材料への依存を減らすことで、炭素排出量の削減を実現できます。

当社のパッケージングは主に紙製で、その紙は森林管理評議会™ (FSC™) 認証林、もしくは FSC の定める管理された供給源から調達されたものです。 FSC™ ラベルは、木質繊維がサプライチェーンを通じて遡ることができ、また、持続可能な森林管理 (森林破壊の防止など) が支援されていることを保証します。 消費者は、これを基に持続可能な森林に向けて取り組んでいるブランドを選択できます。 ​

再生可能な資源を使用したパッケージングの詳細をご覧ください

再生可能性のデータ

  • テトラ・リカルト パッケージの少なくとも 67% は、再生可能な資源である紙で作られています。

  • 缶またはガラス瓶で再生可能な部分は、ラベルのみです。

  • スチール缶は、非再生可能な資源をテトラ・リカルト食品パッケージの 10 倍以上も使用する可能性があります*。

*出典: ifeu による比較ライフサイクル評価、ドイツ、ISO 14040/44 準拠。 サードパーティの厳格な調査委員会による相互評価済み。 イタリア、ドイツ、EU 28 + 2 か国における環境問題の観点からの比較。2017 年の欧州平均。リサイクル率: テトラ・リカルト 44%、ガラス瓶 73%、スチール缶 76%、 割当係数 50%。 トマト缶詰カテゴリー。
 
テトラパックの FSC™ ライセンス・コードは FSC™ C014047 です

テトラ・リカルトと再生可能性の詳細について