2 世紀先を行く缶詰食品

世界初のレトルト食品用紙パックは、野菜、トマト、調理加工品、スープ、ソース、ペットフードなど、従来は缶や瓶に詰められた食品のための、より環境優位性の高い代替パッケージングです。

森林管理協議会™ (FSC™) 認定の紙を主原料とするテトラ・リカルト、レトルト プロセスに耐えるほどの丈夫さを備えた、初めての紙ベースの包材です。 缶詰は 2 世紀前から存在しました。 テトラ・リカルトは、それがよりスマートになるよう再考した近代的なパッケージです。

テトラ・リカルトの詳細をご覧ください

意識の高い消費者

買い物かごに入れた製品の環境への影響を考える "意識の高い消費者" は、その数を増しています。

調査に次ぐ調査によって、環境意識の高い消費者はより持続可能な製品を求めていることが明らかになっています。 それは、食品そのものだけでなく、それを包んで販売するパッケージングも同様です。

より持続可能な選択肢に対する消費者の要望が高まるにつれて、食品会社に対する環境への貢献を証明するプレッシャーは今まで以上に強くなっています。

消費者のトレンドと要望の詳細をご覧ください

テトラ・リカルトを選ぶ 5 つの環境上の理由

解説画像を表示/ダウンロード

Tetra Recart Sustainability infographic

カーボン・フットプリントの削減

世界のどこに住んでいても、炭素排出量の増加の影響はより鮮明になっています。 その結果、消費者は、飛行機または列車のどちらで旅行するか、または、地元のスーパーマーケットで、刻みトマトの入った容器を、紙パック、スチール缶、ガラス瓶のどれにするかを選ぶなど、購入に関する意思決定やライフサイクルの選択が地球にもたらす影響に対してますます意識するようになっています。

独自の調査により、他の種類の缶詰食品パッケージングと比べて、テトラ・リカルトのカーボン・フットプリントは圧倒的に少ないことが明らかになりました。

テトラ・リカルトが 2 世紀先を行く缶詰食品である理由をご覧ください。

"再生する" パッケージ

世界の人口が増加し続け、天然資源が急速に減少するにつれて、人々はより少ない資源でより多くのことを行う必要性を自覚しつつあります。

現在の人々は、自分たちが食べるものについての意識がますます高まっているだけでなく、食品がパッケージングされる方法も懸念しています。

現代では、環境優位性の高い消費がより重視されるようになったことで、より持続可能なビジネスの実践の発展が後押しされ、低炭素な循環型経済に向けて歩み出しています。 この経済では、廃棄物が削減され、材料や資源が可能な限り長く使用されます。

循環型の思考による食品パッケージングの詳細をご覧ください

先進的な森林管理

消費者は、購入したものがどこから来ているのか、どのように作られているのか、そして、周りの環境にどのような影響を与えるのか知りたいと考えます。

今日の企業は、自社の製品の原産地と、その生産による環境への影響に関心を持っていることを消費者に示す必要があります。

テトラ・リカルト パッケージが使用する紙はすべて FSC™認定林およびその他の管理資源を原料としています。これは、当社は責任ある森林管理と森林破壊の防止に取り組んでいる証です。

責任ある森林管理に対する当社の取り組みの詳細をご覧ください

道路を走るトラックの数を削減

直方体の形状と軽さのおかげで、テトラ・リカルト®紙パックは効率的に輸送できます。

1 台のトラックで、缶の 6 ~ 10 倍の空のテトラ・リカルト紙パックを輸送することができます。 パッケージを満載した状態では、トラックごとのユニットの量は缶と比べて 10 ~ 20% 増えます。

パッケージの新たな命

当社は、低炭素の循環型経済を発展させるにはリサイクルが重要だと考えています。

リサイクルは、ポイ捨てを防止し、資源を節約し、気候への影響を抑えます。 テトラ・リカルト紙パックはリサイクルして、新たな製品に生まれ変わらせることができます。 そして、当社は製品で使用される原材料の寿命を延ばすための新しい方法を常に探しています。

リサイクルは、新しい材料の採掘や抽出がもたらす環境コストを回避します。 さらに、リサイクルされた材料から製品を製造すると、ほとんどの場合で必要なエネルギー量も大幅に少なくなります。

テトラ・リカルトのリサイクル性の詳細をご覧ください

テトラ・リカルトと持続可能性に関する詳細

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​