飲料の用途

毎月 1,500 の新しい飲料がかわるがわる商品棚に並べられるように、常に目新しい飲み物を求め、消費者のその一口を獲得しようと熱い競争が繰り広げられています。 フルーツ、豆、麦、クルミ、穀物、茶、コーヒー、またはその組み合わせをベースにした飲料製造のいずれの場合も、テトラパックは競争力のある製品の開発をサポートをします。

飲料向けの加工用途

新たな商品で一番手を狙う

毎月1,500 の新しい飲料がリリースされるこの分野では、絶えず目新しい製品が求められています。

ソフトドリンクに果実を含められないでしょうか。ジュースの色を変えられますか。 あるいは、プロバイオティクスを添加できるでしょうか。

テトラパックのプロダクトディベロップメントセンター(PDC)のスタッフは、お客様が新製品を開発される際にレシピの開発や生産方法の設計をサポートできます。

どの飲料メーカー同じですが、一番になることが重要なのです。 テトラパックでは6, 000以上もの商品の正確な情報を収めた加工処理データベースを使用し、お客様の製造を記録的なスピードで立ち上げて競合他社に先駆けて商品棚に届けるサポートを提供します。

購買層、地域、または特定の集団 (妊婦、スポーツ) などの具体的なグループを対象にした製品についても同様です。 テトラパックのプロダクトディベロップメントセンター(PDC)の専門家は、お客様の製品の味、食感、または見た目を変えることにより、適切な消費者に確実にアピールできるようなにサポートします。

地元の味覚に合った商品

本当の意味で成功するには、グローバルなブランドであっても、地元の味覚に合うように選択された伝統的な地元商品によって、その地域の消費者を引き付ける必要があります。 スウェーデンで地元の味覚と言えばブルーベリーです。米国ではクランベリー、中国ではアーモンドとピーナツの飲料が根強い人気があり、スペインやメキシコではオルチャータ (チュファを原料とする伝統的な飲料) のカフェがあるほど人気があります。

これらは重要ですが、製造にしめる割合はわずかです。 ここでテトラパックの連続インライン調合技術が役立ちます。 1 つの商品から別の商品への高速な切り替えが可能で、製品ロスと洗浄の時間を最小限に抑えられます。

商品棚を圧倒

商品棚で確実に存在感を示すには、異なる味の組み合わせ、または付加価値の高い材料を使用した商品シリーズを生み出すことが重要です。 言うまでもなく、チルドのキャビネットまたは常温の商品棚に 同じブランドの商品が 5 つ並んでいる場合は、1 つや 2 つの場合よりもはるかに大きなインパクトがあります。 テトラパックのブレンド機器ドージング(定量添加)機器では、容器包装する前に商品の味や色合いを簡単に変え、オメガ 3、ビタミン、カルシウムなどの特別な材料を添加することにより、高いコスト効率で商品ラインナップを拡充することができます。

容量の大小に関係なく効率的な生産

アップル ジュースやオレンジ ジュースのように常に人気の高い商品もありますが、消費者が最新の流行に飛びついては飽きてしまうニッチ商品もあります。 テトラパックでは、信頼性とコスト効率の高い加工処理ソリューションを提供しながら、飲料メーカーが大容量の商品でも小容量の商品でもマージンを維持できるようにサポートします。

ココナツおよびオレンジ

オレンジブックおよびココナツハンドブック

果樹から食卓まで - 果汁の旅。 オレンジブックで果汁加工の詳細をご覧ください。ココナツウォーター加工処理の詳細はココナツハンドブックのココナツ製品をご覧ください。

飲料に関する詳細はテトラパックにお問い合わせください テトラパックにお問い合わせください。