Tetra Pak® インライン ブレンダー B

Tetra Pak® インライン ブレンダー B は、幅広い飲料を操業コストと原材料コストを抑えながら製造する、精度の高いインライン調合向けに最適化されています。 均一な製品の品質と妥協を許さない食品の安全性を保証するために完全に自動化されています。

Tetra Pak インライン ブレンダー B は、高い処理能力と迅速な製品の切り替えを実現する柔軟性も兼ね備えています。 また、製造ライン全体の製品ロスを排除するための製造ライン ソリューションによって、ユニットを簡単かつ効率的に設置できます。お客様の必要に応じて、飲料、シロップ、または炭酸飲料の最終製品のために、コスト効率の高いソリューションを用意しています。

精度と正確さ

プリミックスと濃縮物が高価なほど、浪費を最小限に抑える必要があります。 そのため、精度と正確さは収益性に欠かせない要素となります。 さらに、飲料の加工処理には幅広い種類の製品が関係するため、素早い製品の切り替え、最小限の製品ロス、および均一な製品品質を維持するのは容易ではありません。

飲料を調合する従来のアプローチは、常にコストがかかり、複雑なバッチ手順が関係し、タンク内で行われていました。 また労働集約型で、時間がかかりました。 しかも、精度と正確さのいずれの面でも劣っていました。

Tetra Pak インライン ブレンダー B は、従来型のソリューションではありません。 端的に言うなら、調合プロセスを完璧に限りなく近づけた、精度と正確さを伴う飲料生産なのです。バッチ生産からインライン生産に切り換えることで、投資コスト、操業コスト、製品ロス、ヒューマン エラー、環境への影響を大幅に低減できます。 しかも、優れた製品の品質と食品の安全性を格安で実現できます。

この製品に関する詳細については、 テトラパックにお問い合わせください。