Tetra Pak® インライン ブレンダー D

効率的な生産によるコスト削減と品質の確保

Tetra Pak® インライン ブレンダー D は、乳製品の自動インライン調合向けに設計された高性能ユニットです。

  • 高い精度により、材料と操業コストを大幅に削減
  • 安定した製品の品質を実現し、信頼性の高い製造を実現
  • 現在と将来のニーズに対応が可能な、無限の可能性

主なデータ

調製乳製品のインライン調合、および脂肪、たんぱく質、固形成分などのコンポーネントのインライン標準化を行うユニットです

能力:

5,000 ~ 75,000 l/h

アプリケーション:

Tetra Pak インライン ブレンダー D は、色物乳飲料、チーズミルク、粉乳用の標準化された牛乳、乳酸菌飲料、練乳、液体の調製製品など、多様なレシピを扱うようカスタマイズできます。

機能

高度なソフトウェア

一貫した製品の品質、材料の節約

内蔵された制御ソフトウェアにより、製品混合に使用される材料の量を管理します。 この高度に制御されたプロセスにより、一貫した製品品質を維持することができ、消費者にとってはいつもの商品、生産者にとっては安定した生産を提供します。 同時に、高い精度によって材料の「無駄」がほとんど生じないため、収益性が向上します。

複数の材料の処理

多様な製品ラインナップが可能

このユニットでは同時に最大 11 種類の個別の材料ストリームを処理することができ、ほとんどの製品の調製に使用できます。 すべての材料と製品パラメーターは、質量平衡方程式を使った高度なレシピ マネージャーによって管理されています。 これにより、製品の調製と標準化プロセスが精密に管理され、製品 (仕様どおり) を次の処理段階に進めることができます。

インライン生産メソッド

最小限の製品ロス

インライン生産では、製品はシステム内を連続して流れます。 このメソッドは、タンクの数が少なく (バッチ生産と比べて)、保留容量による製品ロスが大幅に削減されるため、大容量の生産にとって経済的です。

より少ないバッファー・タンク

低いユーティリティの消費による操業コストの削減

連続生産では、バッチ生産と比べてバッファー・タンクは少なくて済むため、全体的なユーティリティの消費が削減されます。たとえば、20,000 リットル タンクを 1 個取り除くと、水の消費は年間 600m3、電力消費は年間 26,400 kWh、CO2 排出は年間 13 トン削減されます。

自動生産システム

人件費の削減

自動制御システムのおかげで、オペレーターは生産レシピを選択するだけです。 この生産レシピはテトラ・アルファスト システムに送信され、オペレーターが介入することなくレシピを実行します。 そのため、オペレーターはユニットにほとんど時間をかけずに済みます。

オプション

SpotOn 技術

製品仕様を常に正確に保つ

連続生産では、原材料タンクを切り替える場合、材料の供給ラインで圧力が低下します。この圧力の低下によって材料供給が乱れ、不正確な容量の材料が製品に含まれることになります。SpotOn 機能はこの乱れを検知し、その影響を計算して、システムへの材料の供給量を増減することによって直接補正するように設計されています。これにより、製品仕様が常に正確であることを保証します。

この製品に関する詳細については、