Tetra Pak® Blockformer system 6

品質の一貫性を重視する場合に最適

  • サイズと重さが均一なチーズブロックを製造可能
  • ダブルアクション ドア、インターセプター プレート、角度のついたエジェクタ ブロックなどの機能によって製品ロスが低下
  • 折り畳み式ステンレス鋼基本ユニットなど設計全体にわたって食品の安全性を確保

チーズ・ブロック連続形成向け Tetra Pak® Blockformer system 6 (Tetra Pak® ブロックフォーマー・システム 6)

Tetra Pak® Blockformer system 6 (Tetra Pak® ブロックフォーマー・システム 6) は、カスタマイズ済み、組立済み、および検証済みのブロック形成ソリューションで、チェダー・チーズに必要な配管からバルブまでを含むすべてのエンジニアリングを備えています。 当社のソリューションは、書面での性能保証と共に、長期間のテクニカル サポートによって実証されています。 Tetra Pak ブロックフォーマー・システム 6 ソリューションは以下を実現します。

  • 優れた均一な製品の品質
  • 実証済みの高い生産能力
  • 高く一貫性のある重量精度
  • 最小限の製品ロス
  • 堅牢で耐久性のある作り
  • シンプルで信頼性の高い操作
  • 簡単に開けられるクリーニングが容易な設計
  • メンテナンス コストが少ない
  • 環境への負荷の軽減

機能

ステッパー モーター

正確な重量制御

空圧ドライブによって重量のばらつきが最低限に抑えられます。 精度の目的で、少しずつ (一度に 1 g 未満) 必要な切り分け高さに達します。 最大ブロック重量を設定しておくことで、重量がこの上限を上回るとドライブが生産パラメーターを自動的に修正します。
内蔵インターセプター

メンテナンスの必要性と製品ロスの低減

塔が製品で一杯になると、空気がシステム内を流れることで製品を移動します。 内蔵インターセプター プレートは、小さな粒子が空気で取り除かれないように防止します。 これは塔内に少し斜めに配置されており、気流からの粒子 (カード (凝乳) 粒子) を捉えて最大 50% もロスを削減します。

ギロチン ガイド

容易な清掃と食品の安全性の向上

装置のブロック切り分け領域にあるギロチンは前後左右に動き、チーズの各ブロックを必要な高さに正確に切り分けます。 ギロチン ガイドは特許取得済みのオープン設計で、従来のクローズド設計ガイドよりも清掃が簡単です。

ダブルアクション ドア

製品の外観の維持

このシステムは開き戸ではなくダブルアクション ドアが採用されています。すなわち、まず開いて次に下に降ろすドアです。 次にエジェクタが移動プレート上のチーズを押し、ビニール袋に入れてコンベア ベルトに載せます。 この設計の特にスマートな点は、移動プレートがドア開口部にわずかに挿入されてフラッシュ サーフェイスができることです。それによってチーズが滑らかに横切って確実に移動します。
エジェクタ ブロック

遊離したカード粒子の確実な収集

エジェクタには、後方に傾斜したゲーブルトップがあります。 このため、遊離したカード (凝乳) 粒子がすべて離れて側面に滑り落ち、基本ユニットの後部に落ちていきます。 そして、ホエイ (乳清) 収集タンクに運び込まれます。
Base unit

High hygiene and equipment durability

Engineered by our experts, the design of the base unit is optimized for hygiene, durability and easy maintenance. It is based - as far as possible – on a folded rather than a welded structure. Good hygiene is inherent to the folded structure since its curved corners inhibit the build-up of particles and bacteria. The glands and stainless-steel cylinders are also carefully selected to maximize system durability.

チーズ向けブロック形成ソリューションの詳細をお望みですか。