Tetra Pak® Aseptic Tank VD

バッファー タンクにより製品と人の安全を確保します

  • 食品加工とパッケージングの間で安全な貯蔵を提供して、製品ロスを最小限にします
  • CIP 洗浄と製品モニタリングによって効率性が向上します
  • 撹拌機や冷却ジャケットなどをカスタマイズして、安全性と品質をさらに向上できます

Tetra Pak® アセプティック タンク VD 中間貯蔵タンク

Tetra Pak® アセプティック タンク VD は、完全に自動化されたアセプティック タンクで、テトラパック UHT ライン ソリューションの個別ユニットまたはコンポーネントとして提供され、パフォーマンスが保証されています。

Tetra Pak® アセプティック タンク VD

Tetra Pak アセプティック タンク VD は、低粘度の液体製品を中間貯蔵するための圧力タンクです。

Tetra Pak® アセプティック タンク VC  

Tetra Pak アセプティック タンク VC は、固形物を含まない高粘度の液体製品を中間貯蔵するために使用されます。 タンク本体は垂直で、底部は円錐形になっていて、タンクからの放出が簡単に行えます。

Tetra Pak® アセプティック タンク H    

Tetra Pak アセプティック タンク H は、高粘度または粒子がある食品用の水平型貯蔵タンクです。 製品を丁寧に扱える低速の大型撹拌機が備わっています。

主なデータ

処理能力
7,000 ~ 50,000 リットル

アプリケーション
低粘度または中粘度の乳飲料や他の飲料。 繊維やより小さな粒子も扱えます。

その他
圧力レーティングは 3 - 4.8 バー、稼働時間は 40 - 120 時間。

機能

撹拌機

沈殿しやすい製品の均一性を維持

テトラ・アルセーフには、均一な食感を得るために製品を継続して混ぜることのできる異なる種類の撹拌機を取り付けることができます。 生産者は、タンク内部の中間地点 (またはオフセンター) に取り付けるトップマウント撹拌機、または底部に取り付けるマグネット撹拌機から選べます。

汚れの少ないエンド バルブ クラスター

製品に焼き焦げた粒子が入り込むのを防止

エンド バルブ クラスターはパイプの汚れを防ぐため、特に ESL をはじめとする製品の風味と均一性を保持できます。製品の稼働時間が長いほど、汚れのリスクが高くなるため、この機能は重要となります。

滅菌エアによる陽圧

タンク外からの汚染を阻止

タンクでの滅菌エアの陽圧のおかげで、外部の物質が入り込んで製品を汚染する余地はなくなります。

独立クリーニング

生産ラインの効率の向上

中間蒸気バリア (ISB) と高ボリューム タンク (オプション) の組み合わせにより、テトラ・アルセーフのタンクは UHT ユニットとは個別に洗浄できます。タンクが満たされると、プロセシングユニットを洗浄して新しい稼働に向けて準備できるため、ラインを停止する必要がありません。

オペレーター制御パネル

効率、安全性、トレーサビリティーを向上

オペレーターは操作しやすいタッチ スクリーン パネルでにユニットの状況を確認できます。生産制御システムであるテトラ・プラントマスター™ に接続して、ライン全体を見ることもできます。この機能により、生産全体の監視機能および履歴データへのアクセスが実現します。

安全レールとはしご

作業場の安全性の向上

はしごの周りに作成されたフレームにより、大型タンクの側面を登るオペレーターの安全を守ります。さらに円形の安全レールは、オペレーターがタンク上部で作業する時の事故防止に役立ちます。

オプション

品質保持期間の延長

品質保持期間の長い製品を生産する場合、テトラ・アルセーフに連続円形構成を取り付けることができます。これにより、予測しなかった停止の際に、製品は冷却された状態で循環し続けることができます。定温度制御により、バクテリアの繁殖リスクは排除され、食品加工処理とパッケージングとの間の製品品質が維持されます。

この製品に関する詳細については、 テトラパックにお問い合わせください。