Tetra Pak® Cheese Vat OST CH5

40 年以上の経験と専門知識に基づく実績のある装置

  • チェダーチーズとモッツァレッラチーズ生産専用、最も効率的で精度と信頼性の高いチーズ バット
  • 特許取得済みのナイフ設計と穏やかな加熱処理によって製品ロスを抑制
  • ドライブ ユニットを取り外さなくても簡単にシールにアクセスできるので迅速かつ安全なメンテナンスが可能

Tetra Pak® Cheese Vat OST CH5(Tetra Pak® チーズ・バット OST CH5)
カード製造用水平バット

アプリケーション

Tetra Pak® Cheese Vat OST CH5(Tetra Pak® チーズ・バット OST CH5) は、チェダー・チーズとモッツァレラ・チーズ向けカードの製造用水平バットです。 バットには制御された予測可能なプロセスに必要なすべての機能が備わっています。これには、チーズミルクの充填、材料のミキシング、牛乳の凝固、凝塊の切り分け、調合、間接的な加熱、放出、およびCIP洗浄が含まれます。

作動原理

牛乳 (およびインラインで追加されたスターター) は下部 (またはオプションで上部) のインレットを通してバットに供給され、 レンネットが追加された後、牛乳を寝かして硬い凝塊を作り、鋭いカッティング ツールで切り分けます。 ツールの速度は2~10 rpmに制御されます。 必要な粒子サイズにカードを切り分けた後、ツールの回転が逆になります。 逆回転することにより、ナイフの背の部分がカードとホエイの混合を撹拌し、沈殿を防ぎます。 温度を修正する場合、カード/ホエイの混合はバット ジャケットに蒸気を加えることによって間接的に加熱することができます。

バットは下部のバルブによって空にします。 カード製造プロセスは、バットの上部にある人道に隣接した制御パネルによって制御されます。 バットはシャフト シーリング ハウジングの接続を回転させて洗浄できます。

特長

• 均一なカード サイズの配分
• 低脂肪と少ない粒子ロス
• 非常に堅牢で信頼性が高い
• 高い衛生基準

機能

単一水平シャフト

性能と信頼性の向上

水平シャフト設計によって最初のホエイ (乳清) 排出が最大化され、ホエイ排出後にかたまりができるのを防止します。 非常に信頼性と再現性の高い結果を生み出すことで、効率が重要となる複数種類の類似したチーズの大量生産に適したユニットになっています。
独自のナイフおよびフレーム設計

機械的負荷の低減と衛生レベルの向上

ナイフはナイフ フレームの一端にのみ溶接されています。それによって、システムにある程度の弾力性が生じて曲げや折れの危険が低減されます。 そのため、高い再現性と長い製品寿命が実現しています。 また、当社の独自の設計は、脂肪や粒子のロスを低減し、生産中のカード (凝乳) の蓄積も防止して衛生レベルが向上することもわかっています。

制御システム

あらゆる種類のチーズの生産を最適化

制御システムは単独で使用することもプラント制御システムに完全に組み込んで使用することもできます。 発生するデータの分析に基づき、製品の無駄をなくしたり加工時間を短縮したりなど、優先順位に合わせて生産を微調整することができます。 それによって最も効率的な工程で最高品質の最終製品を得ることができ、レシピに適応させる最大限の自由度を得られます。
シールへのアクセス

メンテナンス時間の短縮

シールは、ドライブ ユニットを取り外さずに外部またはバットからアクセスできます。 これによって、簡単にメンテナンスすることができます。 保守に必要な時間が短縮され、保守の安全性も向上します。 また、最小限のダウンタイムで生産に戻ることができ、停止後の稼動が早まります。

レンネット添加

レンネットの均一な分配と生産量の向上

自動添加および分配システムによって、均一な分量のレンネットが牛乳全体に確実に添加されます。 その結果、正確で均一な凝固が実現し、それによって製品のばらつきが低下して生産性が向上します。 レンネットの投入のためにマンウェイを開く必要はなく、衛生面も強化されます。

この製品に関する詳細については、