Tetra Pak® Aseptic Dosing unit F

アセプティック定量添加における究極の柔軟性を実現する高度な技術

  • 際立った製品の柔軟性。 追加する他の材料のバックに切り替えるだけです
  • 高い精度の定量添加により、高価な材料の無駄を防ぎ、均一な製品の品質を保てます
  • 複雑さが軽減され、プロセスを調整する必要がないため、新製品の開発で時間とリソースを節約できます

テトラパック®アセプティック定量添加ユニット F - 柔軟なアセプティック定量添加

テトラパック®アセプティック定量添加ユニット F は、最終熱処理後、充填を行う直前に、ベースとなる製品に機能性原料を精密に定量添加するユニークで革新的なテクノロジーです。
柔軟なシステムのおかげで、熱に敏感な機能材料の安定性と耐久性が保証され、高価な機能原料の過添加を防ぎます。
テトラパックアセプティック定量添加ユニット F は完全に自動化されており、食品加工装置と充填機の間に設置されます。 単数または複数の充填機で使用できます。

主なデータ

材料の自動アセプティック インライン定量添加向けのユニット

処理能力
定量添加の範囲 0.5 ~ 30 l/h、製品の範囲 1 000 ~ 20 000 l/h

アプリケーション
ラクターゼなどの酵素、ビタミン、風味、色合い、オメガ 3、プロバイオティクス

機能

高精度定量添加

無駄を削減し、均一な品質を維持

ベースとなる製品に正確な量の材料が注入されるために、重量システムは追加された材料を監視し、流量トランスミッターは充填機にベースとなる製品が入るのを監視します。特定のレシピに適合した異なる直径のホースを使用することにより、精度がさらに向上しています。

「ジャスト イン タイム」生産

製品における最大限の柔軟性が可能

新しい「ジャスト イン タイム」生産メソッドでは、添加ユニットは充填機のすぐ手前に配置されます。材料はパッケージングの直前に添加されます。添加する材料の交換は極めて迅速でシンプルです。オペレーターは、添加ユニットの材料バッグ (および充填機の包材) を交換するだけです。

材料の注入

洗浄の節約、稼働時間の削減

定量添加された材料はアップストリームにある食品加工機器と接触しないため、異なる製品を生産するたびに CIP 洗浄を行う必要はありません。そのため、エネルギー消費と洗剤の消費の節約にもつながります。

クローズド材料システム

柔軟で安全なインライン材料デリバリ

添加する材料は、個別に事前パッキングされて品質チェックされた後、すぐに使える 5 または 10 リットルのアセプティック バッグに詰められて生産工場に送られます。 添加する際、クローズド材料パッケージはアセプティック トランスファー ホースによって製品ラインにつなげられます。

レシピ マネジメント システム

食品の安全性を向上、トレーサビリティーが可能

オペレーターが材料やホースキットのバーコードをスキャンすると、レシピ マネジメント システムは特定の製品で使用するのに適切であることを確認します。問題が生じた場合に分析できるよう、すべてのデータは保存されます。

製品の品質コントロール

品質保持期間が倍増

UHT 低乳糖ミルクの生産では、アセプティック定量添加でラクターゼの添加が減らされ、牛乳内の乳糖が減少することになります。乳糖が減ると、牛乳の褐色化 (メイラード反応が原因) が減少し、通常は品質保持期間が倍の 3 ~ 6 か月になります。

この製品に関する詳細については、 テトラパックにお問い合わせください。