Tetra Pak® Casomatic system SC7

大容量チーズ生産に対する効率的かつ効果的な手段

  • チーズの穏やかな処理と自己洗浄機能による高品質チーズおよびとホエイ (乳清) の生産
  • 重さと湿気のばらつきを抑える緊密に制御されたプロセスによって最大の生産性を実現
  • 衛生的な稼動を保証する機器による食品の安全性の強化とクリーニング・サイクルの短縮

Tetra Pak® Casomatic system SC7(Tetra Pak®カソマチック・システム SC7)
- チーズとホエイの効率的な製造

新しい(Tetra Pak® Casomatic system SC7 Tetra Pak カソマチック・システム SC7) モジュールでは、かつてないほど高品質のチーズとホエイを効率的に製造できます。

Tetra Pak カソマチック・システム SC7 は、1 つの工程でホエイのドレーニング、事前圧縮、正確なチーズブロックの形成、および凝乳のモールド充填を行う、完全に自動化された連続システムです。

Tetra Pak カソマチック・システム SC7 は、ハードおよびセミハードのチーズの製造に適しています。 脱ホエイ スクリーンを追加することにより、粒状のチーズを生産することも可能です。

柔軟なホエイ ドラナージ システムの適用によって、コラムごとの高い容量を実現しています。 単一のサイズのチーズを製造する場合は、Tetra Pak カソマチック・システム SC7 をお選びください。

Tetra Pak カソマチック・システム SC7 には以下のメリットがあります。

  • 効率的なソリューション
  • 長い生産稼働時間
  • 信頼できるパフォーマンス
  • 優れたホエイ品質
  • 正確な水分含有量
  • 優れた計量精度
  • 良質なチーズ品質
  • 環境パフォーマンスの改善

機能

ディンプル ジャケットによる冷却

含水量のばらつきを抑制

ディンプル ジャケットはバッファー・タンクの円錐部品を取り囲み、カード(凝乳) / ホエイ (乳清)混合物をその充填中、滞在中、排出中に冷却しています。 これによって酸性化過程が遅くなり、したがって、バッチの最初から最後まで、チーズの最終的な含水量のばらつきを抑えます。
バッファー・タンク設計

一定比率のカードとホエイを確保

当社は長年の経験によって得られた専門知識に基づいて最適な内のり寸法と撹拌機を備えたバッファー・タンクを開発しました。これによって、カード (凝乳) とホエイ (乳清) の比率をほぼ一定に保ち、カード粒子の分配を一定に保つことができます。 その結果、均一で一貫性のあるカード混合物がカソマティックに投入されます。
ドレナージ システム

排出されるホエイ量を制御

ドレナージ システムは 3 つの有孔区域に分かれています。そして、あらかじめ設定されたレシピによる必要量が取り除かれるまで各手順でホエイ (乳清) を優しく排出し、安定したコンパクトなカード (凝乳) ブロックが作成されます。 調整膜バルブの使用によってホエイの流れを制御し、最適量が確実に除去されます。 穏やかな処理で製品の形を保ち、ロスを最小限に抑えます。
ホエイ (乳清) サーキュレーション システム

生産中の装置の衛生保持

ホエイ サーキュレーション システムは、移動中のカード(凝乳) 粒子を排出区域に留め、沈殿を防止します。 分流器によってインサートのフランジのカードの蓄積が最小限に抑えられることで生産中の微生物の成長が抑えられ、CIP 洗浄サイクルが短縮されます。

カード (凝乳) ブロック形成

高品質の外観をもつチーズブロックを実現

カード ベッドからカード ブロックが切り取られると、装置前面に丁寧に運ばれます。 モールドは、ブロックをモールドに運ぶときに摩擦を最小限に抑えながら素早く開く放水路プレートの下に差し出されます。
オートメーション システム

生産を監視して障害を相殺

当社の高度な制御ソフトウェアは生産を連続的に監視するようにプログラムされ、ラインでの予想外のあらゆる障害の影響を最小限に抑えます。 チーズの構成は急速に変化するため、切り分けの高さを調整したりバッファー・タンクを冷却したりして生産のばらつきを抑えることが重要です。 制御システムはこれを自動的に行いますので、作業員の介在は必要ありません。
コンベヤ

丁寧な取り扱い

モールドのコラムへの引き渡し、カード (凝乳) ブロックの収集、充填されたモールドの圧縮システムへの移動など、モールド コンベヤーはあらゆる手順で丁寧に製品を処理します。 それには、カード ブロックを変形させることなくコンベヤーのモールドに搭載してコラムからプレスになめらかに移動させるリフティング バッファリング システムも含まれます。
Dosing chamber design

For more hygienic production

The enclosed dosing chamber is designed to allow whey to flow down from top to bottom, preventing any curd build-up. This continuous flow of whey is combined with regular flushing to minimize bacterial growth and enable longer production runs.

この製品に関する詳細については、