カッテージチーズの混合における主な課題の克服

カッテージチーズ生産者は、カッテージチーズの混合に際して 3 つの主な課題に直面します。カードとドレッシングの比率を一定に保ち、カードの構造を維持することは、従来式のブレンダーでは容易ではありません。 また、こうしたブレンダーは多くの場合、手動による補助がなければ完全に中身を排出できません。

1. 排出プロセス全体でカードとドレッシングの比率を維持する

排出プロセス全体においてカードとドレッシングの比率を維持することは、従来式のブレンダーの場合、攪拌機を激しく稼動させなければ困難です。 カードとドレッシングの比率を保つために必要なレベルの攪拌を行うと、カード構造が損傷します。 ただし、ブレンダーをもっと緩やかに稼動させた場合、初期のパッケージはドレッシングが多くなりすぎ、後半のパッケージはドレッシングが少なくなりすぎるという状況が発生します。 後半のパッケージには調整のため、混合プロセスを時々停止させてドレッシングを追加する必要があります。 これにより、プロセスがより複雑かつ高価になります。 この課題に対する当社の解決策が、排出プロセス全体にわたって均一な混合を実現するとともにカード構造も維持できる、緩やかで効率的な動作が可能な攪拌機を備えた、新しい垂直式のブレンダーです。

​​2. カード構造の保持

カッテージチーズカードは非常にもろく、丁寧かつ慎重に取り扱う必要があります。 課題は、カードの粒子サイズおよび形状を保持しつつ、常にカードとドレッシングの均一な混合を実現することです。 消費者の要望を満たす高品質なチーズを製造するには、ブレンダーに入る粒子の形状およびサイズが、出てくるときも同じでなければなりません。 当社の新しい垂直型ブレンダー Tetra Pak® ブレンダー VCC ではこれを実現しています。この装置は従来式のブレンダーよりも低速でカードとドレッシングの比率を維持できるため、カードの粒子が損傷から守られます。 試験の結果、混合の後にも粒子の 90% 以上が許容可能な粒子サイズの範囲内に保たれることが示されました。

カード粒子のグラフ

3. ブレンダーからの完全な排出によって製品ロスを削減

従来式のブレンダーでは、排出後に通常 5 ~ 25 kg の製品がブレンダーに残ります。 これは多大な量の製品ロスが発生してしまうか、または毎回手動で排出を補助してロスした製品を取り戻さなければならないことを意味します。 これにより、オペレーターが各バッチの実行後、毎回手動で残りの製品をブレンダーから掻き出す必要があります。 当社の Tetra Pak ブレンダー VCC の垂直型デザインは、この問題を解決しています。 この装置では手動での補助なしに完全な排出が可能で、ブレンダー内に残る製品は通常 2 kg 未満です。 これにより製品ロスおよびオペレーターのコストが大幅に削減されると同時に、プロセスもはるかに容易になります。

​​​