Tetra Pak® の抽出ユニット - 最高レベルの大豆抽出

Tetra Pak® の抽出ユニットは、全粒大豆または脱皮大豆から大豆ベースを連続抽出するためのシステムです。 浸漬や湯通しが不要であるため、水消費量を抑え、よって環境内に排出される廃水量も抑えることができます。

テトラパックの抽出ユニットは、非常に高い大豆タンパク質抽出量、長い稼働時間、少ない水消費量を実現し、CIP洗浄も可能にします。 これらすべての利点が、パフォーマンス保証に支えられ、大幅なコスト削減や、環境への影響の軽減につながっています。

テトラパックの抽出ユニットは、消費者の要求に合わせて大豆風味を残したまたは抑えた RTD(Ready-To-Drink:パッケージ化された飲料)大豆製品を生産できる、柔軟でコスト効率の高いソリューションです。 たとえば、次のような高品質の製品の生産が可能です。

  • 大豆風味を抑えた豆乳
  • 豆乳/牛乳ブレンド飲料
  • 豆乳の飲むヨーグルト
  • 豆乳ジュース
  • 従来の大豆風味を残した豆乳
  • 他の穀物を使用した RTD (Ready-To-Drink:パッケージ化された飲料) 製品 (オルチャータ、オート飲料、オート ミルクなど)

このシステムは、磨砕、繊維分離、酵素不活性化の 3 つの主要な部分で構成されており、これらを統合することで、タンパク質含有量と栄養価が高い大豆ベースを生産できます。

大豆ベースは抽出後、調製、UHT (Ultra High Temperature:超高温殺菌) 処理を経て、Tetra Pak®アセプティック充填ラインでパッケージされます。

テトラパック は、長年の経験、エンジニアリング スキル、これまで蓄積してきた大豆タンパク質の抽出に関する幅広い知識に基づいて、包括的なライフサイクル サポートも提供しています。 シンガポールの Soya & Tea Centre では、この知識をお客様と共有しています。 さらに、 シンガポールと上海に 1 つずつ、テトラ・アルウィン・ソイ パイロット プラントを備えたプロセスディベロップメント・センターがあり、お客様が自社で使用する大豆を持ち込んで抽出し、新しい製品の調合をテストしたり、テトラパックの大豆エキスパートの支援のもとでプロセスを開発することもできます。

この製品に関する詳細については、 テトラパックにお問い合わせください。