Tetra Pak® Extrusion Wheel(テトラパック エクストルージョン ホイール)

特許取得済みの新設計で新たなチャンスをつかむ

Tetra Pak® Extrusion Wheel(テトラパック エクストルージョン ホイール)を使用すると、業界最高レベルの生産能力と低コストで 25 mm までの大きな具材が入った均一な高品質のアイスクリーム製品を製造できます。 テトラパックの開発センターでサンドイッチ、スティック付き製品、バー、スライスなどの新製品を短期間で開発できます。大きな具材(粘り気のあるものや、脆いものや、粒状のものでも)やマーブル充填の組み合わせも自由自在です。 ​​

粒状具材の壁

  • 大きな具材が入った個包装用のアイスクリームの秘話

最大 25 mm の具材の入った製品を均一に製造

特許取得済みのスティック配置方式により、スティックの位置が正確な位置に固定されるので、具材をスティックの周りに均等に行き渡らせることができます。 充填ノズルにより、各空洞部分が完全に充填され、大粒具材が均等に行き渡ります。 ピストンとカム機構を利用した特許取得済みのホイール設計により、製品の厚み、サイズ、形状が均等に保たれるので、カッティングの必要はありません。 代わりに、ホイール表面と同一平面に位置する薄型の加熱ブレードがアイスクリーム製品をトレイ上に正確かつ静かに分離します。 製品の表面はなめらかに保たれ、ピックアップやその後の処理に備えて正確な位置に並べられます。

トレイに整然と並んだ大粒具材入りの個包装用のアイスクリーム

業界最高水準の生産能力と低コストで各製品を製造

以下の技術により、1 本のレーンで毎分 200 個、1 時間に 12,000 個の製造が可能です(当社のベスト プラクティスに従った押し出し成形ラインにて)。

  • 絶え間ないホイール動作 - 動作パターン設定に反して減速、停止、再始動することはありません

  • 完全に同期して動作するホイールとトレイ - トレイに製品が正確に配置されるので、生産ラインの歩留まりは 98% に達し、監視や製品調整のための人件費が不要になります

  • 業界最速レベルのスタートアップ - 数分間で定値に到達・復帰します

さまざまな大粒具材が入った個包装用のアイスクリーム

短期間で新製品を開発

簡単に製品ラインナップを増やして、大粒具材入りアイスクリームに対する消費者の要望に応えることができます。 Tetra Pak® Extrusion Wheel(テトラパック エクストルージョン ホイール)は、多種多様な大粒具材やマーブル充填に対応し、スティック付き アイスやサンドイッチ アイスからアイス バーやスライスまで製造可能です。 新しい具材やレシピをデンマークにあるテトラパックの製品開発センターでテストして 短期間で新製品を市場に投入できます。

大粒具材入りアイスクリームに関するストーリーを紹介しているイラスト付き記事

大ヒットへの道のり

初めてアイスクリームに大粒の具材を入れた製造者、それが消費者が受け入れられて人気を博していく過程、その製造を可能にした技術の進歩を紹介します。

イラスト付き記事をダウンロード

これから CIP 洗浄を行う Tetra Pak® Extrusion Wheel(テトラパック エクストルージョン ホイール)

アイスクリームに大きな具材で購入意欲を刺激 – 生産上の 3 つの課題

おいしい大粒の具材の入った贅沢なアイスクリームは世界中で大ヒットしています。消費者の関心は、すでに出回っているカップ アイスや業務用パッケージだけでなく、好みの具材が入ったスティック付き、バー、サンドイッチ タイプなどの購入意欲を刺激するプレミアム アイスクリームへと広がりつつあります。 アイスクリーム製造者は当然このチャンスを活かそうとしますが、品質に関する消費者の要望に応えつつ高いコスト効率でこれらの製品を製造するには、クリアしなければならない課題がいくつかあります。

記事の全文を読む

Tetra Pak® Extrusion Wheel(テトラパック エクストルージョン ホイール)と大粒具材のサンプル

特許取得済みの新設計により、大粒具材入りアイスクリームを高い生産能力と低コストで製造

新しい Tetra Pak Extrusion Wheel(テトラパック エクストルージョン ホイール)を導入すると、アイスクリーム製造者は新たなチャンスを手にすることができます。業務用アイスやカップ タイプから、スティック付きやサンドイッチ タイプなどの購入意欲を刺激するプレミアム アイスクリームまで、消費者の間で認知度が高く好評な、大きな具材の入ったアイスクリームを製造できます。 また、特許取得済みの新設計により、業界内でも最高水準の生産能力と低いコストで各製品を製造できます。

記事の全文を読む