P2P 技術を搭載した Tetra Pak® Tubular Heat Exchanger(テトラパック チューブ式熱交換器)

3-A 認証取得済みの革新的な低コスト製品間熱交換器

製品間(P2P)技術を搭載した 3-A 認証取得済みの非常に衛生的なチューブ式熱交換器では、水温式技術を搭載した装置と比較し、エネルギー コストや投資コストを半分以上カットできます。 P2P 技術には、大きな省エネルギー効果が期待できます。 なめらかに継ぎ目なく溶接された革新的なスプリング ボックスなどの主要部品を採用することで、抜群の衛生性を実現しています。

低い総所有コスト

  • 蒸気や冷却水の消費量が減り、エネルギー効率が最大 55% 向上
  • エネルギー構成によっては同等の水温式熱交換器の 55% のコストで稼働
  • 非常に長い装置寿命 

完全に衛生的な設計

  • 3-A 基準に適合
  • 特許出願中の革新的な継ぎ目なし溶接
  • 内蔵チューブを分離し筐体内の仕切りを不要にする、特許取得済みのスプリング ボックス

独自の柔軟性

  • 固形分を含む製品など、さまざまな製品の組み合わせに対応
  • 各種チューブの組み合わせを広範にサポート
  • チューブ間の距離を極限まで切り詰めた超コンパクトな設計で省スペースを実現

P2P 技術を搭載した Tetra Pak® Tubular Heat Exchanger(テトラパック チューブ式熱交換器)

P2P のメリット

Tetra Pak® Tubular Heat Exchanger P2P(テトラパック チューブ式熱交換器 P2P)は、独自の技術により、少ない投資コストでエネルギーを節約し、高レベルの食品の安全性を実現します。 継ぎ目のない革新的な溶接技術と特許取得済みのスプリング ボックスが衛生上の死角を解消するので、衛生面での心配はありません。 また、スプリング ボックスは製品が滞りなくスムーズに流れる設計になっていて、多様な加工用途に対応し、使いやすさも抜群です。 テトラパックの製品マネージャーである Jimmy Moons による解説ビデオをぜひご覧ください。

総所有コストの削減

P2P 技術を搭載した Tetra Pak Tubular Heat Exchanger(テトラパック チューブ式熱交換器)は、さまざまな角度からコストの削減に貢献します。 水温式(P2W)の熱交換器よりも蒸気や冷却水の消費量が減り、エネルギー効率が最大 55% 向上するので、エネルギー コストが削減されます。 超コンパクトな設計により、P2W の熱交換器よりも使用する鋼鉄が少なくなっているので、よりお求めやすい価格になっています。 選択した省エネ構成によっては、同等の P2W ユニットの半分以下のコストで済みます。 組み込まれた浮遊保護システムが、熱応力に由来する金属疲労のリスクを軽減します。 その結果、ユニットの耐用年数は非常に長く、実のところ、お客様の工場と同じ程度まで持ちます。

熱交換器が抱える予算のジレンマ: プロジェクト マネージャーと操業マネージャーの意見の不一致

3-A 認定スタンプ

完全に衛生的な設計

最高水準の食品の安全性を追求するテトラパックの取り組みが、P2P 技術を搭載した革新的な Tetra Pak Tubular Heat Exchanger(テトラパック チューブ式熱交換器)を生み出しました。 浮遊保護システムが熱応力を解消し、素材の疲労や亀裂に由来する交差汚染を根絶します。 また、生産停止が発生した場合は、リッドを外すだけで 簡単にユニットを点検、清掃できます。 熱交換器のチューブは、テトラパックが新たに考案した保護ガスを使用する方法により、外側からではなく内側から溶接されています。 この画期的な技術が、チューブ ケースと外部チューブの間に胞子やバクテリアが付着するリスクを解消します。 これにより、テトラパックのチューブ式熱交換器は、国際的な 3-A 衛生基準を完全に満たしています。

「いつも清潔に」の記事全文を読む

独自の柔軟性

P2P 技術を搭載した Tetra Pak Tubular Heat Exchanger(テトラパック チューブ式熱交換器)は、高い多様性と柔軟性を備えています。 また、非常にコンパクトなモジュール設計により、さまざまなチューブを組み合わせて多様な用途に対応できます。 さらに、同じフレームで水温式(P2W)熱交換器に接続することも可能です。 固形分の有無にかかわらず、さまざまな食品や飲料の組み合わせに幅広く対応できます。 一般的な用途には、牛乳などの乳製品、繊維を含む/含まない飲料やジュースのほか、大豆ベースの食品など微妙な温度調整が必要な製品(P2W チューブ インサートとの組み合わせた場合)があります。

解説画像の画像

P2P と P2W の解説

食品や飲料を加工中に加熱する方法は主に 2 つあります。 1 つは装置内に設置されたチューブ内の温水を使う水温式(P2W)熱交換器です。 もう 1 つは装置内で温かい製品の流れるチューブと冷たい製品の流れるチューブを交差させて温度を調節する製品間(P2P)熱交換器です。 どちらの技術にも、加熱システムのポートフォリオにおいてそれぞれの役割があります。 テトラパックは 20 年にわたってチューブ式熱交換器を採用し、大きな成果を上げてきました。 P2P を選ぶべき場面と、P2W を選ぶべき場面をご存知でしょうか。

解説画像: P2P と P2W の 使い分けとその選択基準

P2P 技術を搭載した Tetra Pak® Tubular Heat Exchanger(テトラパック チューブ式熱交換器)