新品のホモゲナイザーを 50 セントで

誰でもお買い得な品物は大好きです。 ホモゲナイザーを購入する場合も例外ではなく、購入価格を重視するお客様も少なくありません。 しかし、ホモゲナイザーのように、実質的なコストが長期間における実際のランニング コストとメンテナンス コストによって決まる場合は、判断を誤ることがあります。 そこで、本当の総所有コストがわかる例をご紹介します。

Tetra Pak Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)と、50 セントを持っている手。

一般的なシナリオについて考えてみましょう。乳業メーカーが低温殺菌モジュールでホモゲナイザーを使用して 1 時間に 10,000 リットルの牛乳を処理しているとします。 この条件のもとスウェーデンで実施した試験稼働の結果、Tetra Pak Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)で 1,000 リットルの牛乳を均質化するために実際にかかった光熱費は、執筆時点で米ドルにして約 50 セント(約 40 ユーロ セント)でした*。これには、エネルギーと水にかかった光熱費も含まれます。

競合他社との比較

テトラパックはベンチマーキングを重視しています。そこで、テトラパックのエンジニアが中規模乳業メーカー市場で一般的な他社のホモゲナイザーを使って、同じ条件で試験稼働を行いました。 その結果、1,000 リットルの牛乳の処理にかかった光熱費は、米ドルにして約 56 セントでした。 たかが数セントの違いと思われるかもしれませんが、すぐに大きな違いとなって現れます。 たとえば、ホモゲナイザーを 1 日 16 時間、年間 250 日間稼働させた場合、1 年間で 3,650 米ドル*(約 3,000 ユーロ*)の節約になります。

スピードは落としても、流量は落とさない

250 モデルが大幅なコスト削減を実現するしくみを説明します。 説明の一部はピストンの稼働率に関わってきます。製品を狭い隙間から押し出すピストンは、ホモゲナイザーの心臓部です。 効率性に優れた設計により、Tetra Pak Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)のピストンは、テストした競合モデルよりも低い rpm で同じ流量を作り出せます。 試験稼働では、競合モデルは性能の限界近くで圧送を行ったため、ピストンやシールだけでなく駆動ユニット全体が大きく摩耗しました。 これは自動車の内燃機関にたとえることができます。 アクセルを強く踏み込むほどピストンが激しく動き、シリンダー内部やその他の可動部分の摩耗が激しくなります。

試験稼働中、Tetra Pak Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)は最大能力の 73% で稼働し、同じ生産能力を実現するために能力の 100% を使ってより速い速度で稼働していた競合ホモゲナイザーと比べて、16% 少ない光熱費で済みました。

スペア部品やメンテナンスの費用を 32% 節約

テトラパックのホモゲナイザーは、かかる負荷が少ないため、パーツの摩耗が遅いだけでなく、騒音レベルと振動も少なくなります。 また、フォース ディスクと呼ばれる均質化ヘッドに両面が対称になっている独自の部品を採用しています。 これらの重要部品が摩耗したら、裏返して使用することにより、寿命が倍になります。 Tetra Pak Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)の試験稼働では、他社のホモゲナイザーと比較して、スペア部品関連のコストを概算で合計 32% 節約できるという結果になりました。 Tetra Pak Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)は、センサー群によって部品を裏返す時期や交換する時期を監視する最新のスマート制御機能を搭載しています。 これにより、早すぎる、または遅すぎるタイミングで部品を交換することがなくなります。
試験稼働では、点検や修理が必要になる間隔が長くなるため、点検修理費が 32% 低下することが明らかになりました。 メンテナンスが必要な場面が少なくなることで、稼働率が上昇します。

少しの差額で大きく節約

「1 円を笑うものは 1 円に泣く」 ということわざがありますが、Tetra Pak Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)では、少額ながら無視できない日常的にかかるコストを削減できます。 Tetra Pak Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)は毎年多額の操業コストやメンテナンスコストを節約できます。購入価格がこの試験稼働で取り上げた他社のモデルよりも数パーセント高いものの、長期的に見れば、購入価格は購入の決め手にはなりません。 実際に重要なのは総所有コストであり、テトラパックは総所有コストが 10% 以上低くなると見積もっています。 これが、Tetra Pak Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)が本当はお買い得な理由です。

ホモゲナイザーの実質的なコストを計算してみてください。

特定の工場について同様の計算をご希望の場合は、こちらをクリックしてください。

試験稼働のシナリオ

  • 160 バールの圧力で 1 時間あたり 10,000 リットルの低温殺菌牛乳を均質化。
  • Tetra Pak Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)が消費した光熱費: 1,000 リットルあたり 0.46 米ドル。
  • 比較対象のホモゲナイザーが消費した光熱費: 1,000 リットルあたり 0.56 米ドル。

*2018 年 4 月 25 日の公定為替レートに基づく。

Tetra Pak® Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)の詳細についてお問い合わせください