柔軟性と安定した品質をもたらす 5 つの機能

Tetra Pak® Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)には高度な機械設計と先進的なオートメーションが統合されているため、NIZO の結果を一定に保って製品の安定な品質を容易に確保できます。 また、かつてないほど製品が複雑化する中、幅広い製品レンジを求める消費者の要望に応えるために、製品の切り替え作業を迅速化することで、柔軟性を確保しています。

1

アセプティック製品と非アセプティック製品の両方に対応

このホモゲナイザーでは、新たなピストン カートリッジ設計が採用されているため、アセプティック、非アセプティックのいずれの用途でも、最高レベルの衛生性を維持することができます。 どちらの用途でも、機器を再構成することなく、同じホモゲナイザーで処理できます。 テトラパックでは、下流側で機械が稼働している場合は常に、アセプティック バリアとして高温凝縮水を保持することを目指しています。

2

高粘度の製品にも低粘度の製品にも対応

競合他社のソリューションの場合、低粘度(<500 cP)の製品ではコーン バルブ、高粘度(>500 cP)の製品ではボール バルブを使用する必要がありますが、Tetra Pak® Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)では、製品を切り替える際にバルブを変更する必要がありません。 両面が対称になっている弁座と TD バルブにより、2000 cP までの製品をすべて処理できます。

3

プロセスとレシピの自動制御

テトラパックのスマート オートメーション システムでは、製品の迅速な切り替えを行うために、プログラム済みレシピを選択するだけで製品を製造できます。 また、このスマート システムでは、運転時の圧力、温度、流量などの重要なプロセス パラメーターを正確に制御できます。 粘度や粒径なども、御社の仕様に沿って正確に制御できます。

4

漏出状況の自動分析

センサーが漏出を検出し、シールの状態を監視します。 スマート システムを使用してシールの損傷リスクを計算することにより、最適なシール交換時期を正確に知ることができます。 そのため、漏出によって生じる汚染を防止し、製品の品質と食品の安全性を確保することができます。

5

圧力状態の自動分析

スマート システムは、水圧と均質化圧力との差を監視します。 この差が大きすぎる場合、システムは保守作業(均質化用シートおよびディスクの表裏反転や交換など)の最適な時期を提示します。 そのため、一定の NIZO 値を維持して製品の品質を確保するとともに、操業コストを節減することが可能です。

Tetra Pak® Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)

Tetra Pak® Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)の詳細についてお問い合わせください