末永く牛乳を作り続ける場合に適した、長い目で見るとお得なホモゲナイザー

テトラパックの見積もりでは、一般的な間接 UHT(Ultra High Temperature:超高温殺菌)牛乳加工ラインの場合、Tetra Pak Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)によって、操業コストとメンテナンス コストを大幅に節約できます。 総所有コストは、計算上、他社の同等のホモゲナイザーよりも 10% 低くなります。

ホモゲナイザーを点検しているテトラパックの従業員

一般的なシナリオについて考えてみましょう。中規模の乳製品製造者が間接 UHT(Ultra High Temperature:超高温殺菌)ラインで、ホモゲナイザーを使用して 200 バールの圧力をかけて 1 時間に 8,000 リットルの牛乳を処理しているとします。 当社の正確なシミュレーション ツールを使用したところ、同じ用途のために設計された他社のホモゲナイザーと比較して、以下の結果が得られました。

  • 光熱費については 20% の節約
  • スペア部品については 17% の節約
  • サービス間隔が 17% 延長

興味深いことに、両社のホモゲナイザーはこの用途では約 150 rpm の速度で動作します。 しかし、他社のユニットと異なり、Tetra Pak Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)の動作速度は限界近くではありません。 Tetra Pak Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)は最高速度の 74% で動作していましたが、他社のホモゲナイザーは同じ生産能力を実現するために最高速度の 89% で動作していました。 つまり、Tetra Pak Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)の方がかなり余裕を持って動作しており、その結果として、高いパフォーマンスにつながったのです。

スペア部品やメンテナンスの費用については 17% の節約

Tetra Pak Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)は、かかる負荷が少ないため、パーツの摩耗が遅いだけでなく、騒音レベルと振動も少なくなります。 計算では、スペア部品については、他社のホモゲナイザーと比較して、概算で合計 17% 節約できます。

また、サービス間隔が長いため、点検/整備コストが 17% 節約されます。 メンテナンスが必要な場面が少なくなることで、稼働率が上昇します。

このように年間で大幅に節約できるうえに、稼働時間が長くなります。そのため、250 モデルは他社のモデルよりも購入価格が何パーセントか高いものの、長期的に見れば、購入価格は購入の決め手にはなりません。 実際に重要なのは総所有コストであり、テトラパックは総所有コストが 10% 低くなると見積もっています。

シミュレーションのシナリオ

  • 能力: 牛乳 8,000 リットル/時
  • 圧力: 200 バール
  • 生産: 1 日あたり 16 時間、年間 250 日
  • CIP洗浄: 1 日あたり 2 時間

ホモゲナイザーの実質的なコストを計算してみてください。

特定の工場について同様の計算をご希望の場合は、お気軽にご相談ください。

テトラパック営業担当者へのお問い合わせは、こちらをクリックしてください。

Tetra Pak® Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)の詳細についてお問い合わせください