Tetra Pak® Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)が時間とコストの節約になる 3 つの理由

均質化工程のスマート制御とコンディション モニタリングがもたらすメリットには、稼働時間の最大化や、スペア パーツ関連コストの削減などがあります。 Tetra Pak Homogenizer® 250(テトラパック ホモゲナイザー® 250)は、次世代型ホモゲナイザーの先駆けです。 

1

低 rpm で高い生産量を実現し、ダウンタイムを削減

新登場の Tetra Pak Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)は、回転数 200 rpm で 1 時間あたり最大 13,700 リットルの生産量を実現する中容量ユニットです。 ピストンを大きくし、ストロークを長くした新設計の駆動装置により、比較的低い rpm で大きな処理能力を引き出します。 たとえば、この新型ホモゲナイザーでは、回転数 145 rpm で 160 バールの圧力をかけることにより、1 時間あたり 10,000 リットルの低温殺菌牛乳を処理できます。 一方、現在この分野の市場に出回っている一般的な競合ホモゲナイザーでは、同様の処理を行うために回転数を限界に近い 160 rpm まで上げなければなりません。 rpm が少ないほどパーツの摩耗や損耗は減り、メンテナンスの必要も少なくなります。 この例では、点検修理の間隔が競合ホモゲナイザーよりも 32% 長くなると推定されます。 これによりメンテナンスに伴うダウンタイムが減少し、稼働率が最大化されます。

2

両面対称部品による交換コストの削減

同様に計算すると、スペア部品のコストは競合ホモゲナイザーよりも 32% 低下します。 250 モデルが低い rpm で動作するので、摩耗率が低くなるということも、その理由の 1 つですが、 コスト削減に大きく貢献しているのが、両面対称部品です。
テトラパックのホモゲナイザーでは、両面が対称になっている独自の摩耗部品を採用しています。 バルブやシートが摩耗している兆候が見られたら、部品を取り外して裏返し、未使用状態の面を使用することができます。 これにより、重要な部品の動作寿命が倍増します。

安定した NIZO 値を示している図

部品を交換することなく動作寿命を延ばす工夫は他にもあります。 Tetra Pak Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)では、2 段階均質化を採用しています。 1 段階目用の均質化ヘッドが摩耗し始めたら、それを取り外して、摩耗の少ない 2 段階目用の均質化ヘッドと交換します。 これにより、両段階のヘッドを交換しなければならなくなるまで、より長く使用することができます。

上の図は、3 つの手順を逐次実行することにより、実際に部品を交換することなく高い NIZO 値を維持できることを示したものです。 もちろん、いずれ部品や均質化ヘッドの交換が必要になることに変わりはありませんが、それまでの期間を可能な限り長くすることができるのです。

設計に組み込まれたセンサーにより、ホモゲナイザーが工程上重要な部品を常に監視します。 振動や圧力の傾向が分析され、摩耗パーツを裏返す時期や交換する時期など、メンテナンスを実施すべきタイミングが正確に割り出されます。 これにより、オペレーターはメンテナンスを早すぎもせず、遅すぎもしない適切なタイミングで実施できます。 

3

スピーディな点検修理でダウンタイムを短縮

Tetra Pak Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)は、ホモゲナイザー製品としては画期的な、取り外し可能なモジュール設計を採用しています。 油圧ユニットと冷却ユニットのどちらも、数本のパイプを外すだけで簡単に取り外すことができます。 このため、担当者がこれらのユニットや、その後ろにある機構をメンテナンスしやすくなり、短時間で作業が完了します。 時は金なりです。大量の製品を製造する、高度にオートメーション化された工場では特にそうです。 取り外し可能なモジュールにより、ダウンタイムを最小限にとどめることができます。

コンディション モニタリング、両面対称部品、取り外し可能モジュールにより、スペア部品やメンテナンスのコストが極限まで抑えられます。 さらに、効率の高い新型ホモゲナイザーにより、エネルギーや水にかかる操業コストが削減されます。

Tetra Pak® Homogenizer 250(テトラパック ホモゲナイザー 250)の詳細についてお問い合わせください