Tetra Pak® ホモゲナイザー 500 は、業界最小の TCO(Total Cost of Ownership:総所有コスト)をどのように実現しているのでしょうか。

新しい Tetra Pak® ホモゲナイザー 500 では、飲料および乳製品の均質化プロセスで業界最小の総所有コストを実現しています。高容量によって均質化プロセスでスケールメリットが生まれ、効率的なホモゲナイザーと組み合わせることで、市場最高の均質化効率と最小の操業コストが可能になります。​

高容量とスケールメリット

Tetra Pak® ホモゲナイザー 500 は、毎時最大 63,600 リットルを処理することができます。これは、テトラパックで最大の容量のホモゲナイザーで、業界でも最高の容量を誇ります。この高容量ホモゲナイザーのスケールメリットにより、メーカーは生産能力を増大して、各製品のリッターあたりのコストを削減しながらより多くの製品を生産できます。これにより、メーカーは 2 つの小型ホモゲナイザーではなく、1 つの大型ホモゲナイザーを使用して、今日および将来の需要を満たすことができます。

低い圧力で最大の均質化効率

高い容量と極めて効率的な均質化装置のおかげで、Tetra Pak ホモゲナイザー 500 は、従来のホモゲナイザーよりも低い圧力で最適な製品特性 (飲料の最適な粘度と乳製品の最適な NIZO 値) を乳業メーカーに提供しています。 

スウェーデンのルンド大学との共同研究で開発された HD 100 多目的均質化装置では、機械的に最適な安定性と一貫したギャップの高さを実現するために、油圧操作が採用されています。装置の形状により、従来の装置と比べて低い圧力で高い均質化効率を達成しています。乳製品の均質化では、HD EnergyIQ 均質化装置によって、チルド牛乳 1,000 リットルあたりわずか 0.3 kW しか消費せず、さらにエネルギー消費量を低減しています。

HD100 と HD EnergyIQ では低い圧力に対応しているため、テトラパックのエキスパートに相談しながら、製品の均質化を過小または過大に行うことなく、希望する結果を得られる最適な圧力を設定できます。過度の均質化はよくある問題で、圧力を最適化することでメーカーにはすぐにコストを削減できる極めて大きな可能性が開けます。

最小のユーティリティ消費

圧力を軽減すると、エネルギー コストも大幅に低減することになります。HD 100 装置は、殺菌乳用の従来の設計と比べてエネルギー消費量を 30% 削減します。また HD EnergyIQ では、チルド牛乳の均質化で 90 バールの圧力を使用すると、1,000 リットルあたりわずか 0.3 kW しか消費しません。つまり、投資額に対してより高い生産量、あるいはリッターあたりの投資額が少なくなります。 

さらに、ホモゲナイザーは、高温凝縮水アセプティック バリアと直列冷却システムを備えており、蒸気の消費量が 70%、冷却水消費量が 80% 削減されます。自動切換バルブにより、CIP 洗浄で蒸気と水消費量が削減されます。また、機器制御装置によって冷却水の使用も制限されます。

このすべての積み重ねにより、操業コストと環境への影響が大幅に削減され、業界最小レベルの総所有コストに貢献しています。