直列冷却システムによって水と蒸気の消費を節減

水の保全は世界的な環境問題として急激に拡大しているだけでなく、水のコストも上昇しています。テトラパックのホモゲナイザーは、高温凝縮水アセプティック バリアを備えており、食品の安全性と直列冷却システムを保護します。これらの相乗効果により、従来のソリューションに比べて蒸気の消費量が 70%、冷却水消費量が 80% 削減されます。これがどのように達成されているかを理解するには、直列冷却システムの仕組みと、高温凝縮水で水と蒸気の消費量がなぜ低いかを知る必要があります。

 

節水機能
ホモゲナイザー内にある直列冷却水システムは、重要な節水機能です。高温凝縮水ソリューションを採用しているため、食品の安全性を確保しながら蒸気を節約します。アセプティック ホモゲナイザーでは、並列ピストン冷却による蒸気の消費量は直列冷却システムよりも多くなります。また、最大 80% の冷却水を再循環して利用することができます。


高温凝縮水で水の消費量がなぜ低いか
どのタイプのホモゲナイザーを使用しているかに関係なく、工場が提供する蒸気はホモゲナイザーに入る前に必ず同じ温度になっている必要があります。低温バリア凝縮水を使う従来の機器では、凝縮水を冷却してからピストン カートリッジに入れる必要があります。これらの機器における水消費量の大半は、凝縮水の温度を下げるために必要な冷却プロセスで生じます。まず、蒸気が初期温度から 100 ℃まで冷却されて、凝縮水に変換され、60℃に冷却されます。凝縮水に変換されるプロセスにおいて、大量の冷却水が必要となり、高容量の機器では毎時 5,000 リットル以上が必要となります。
これとは対照的に、テトラパックのホモゲナイザーでは、凝縮水を全く冷却する必要がありません。機器の設計により、高温の蒸気を処理できるようになっています。つまり、凝縮水に変換するステップが不要で、凝縮水を生成するのに必要な蒸気と水だけを使います。
また、CIP 洗浄で蒸気を切断する自動切換バルブや、冷却水の使用を制限する機器制御装置など、ホモゲナイザーの他の機能もユーティリティ消費量の低減に貢献しています。

Tetra Pak ホモゲナイザー 500 によって蒸気の消費を削減

業界最小のユーティリティ消費量と TCO(Total Cost of Ownership:総所有コスト)
つまり、テトラパックのソリューションでは、従来の設計に比べて、ユーティリティにおける蒸気の 70%、水の 80% が節約されます。この積み重ねにより、操業コストと環境への影響が大幅に削減され、業界最小レベルの総所有コストに貢献しています。