環境にやさしい産業を実現する環境にやさしい技術

環境重視

テトラパックは、環境保護に責任のある企業として、天然資源の持続可能な利用を重視しながらも、収益性やお客様へのグリーンなイメージも重視した環境に配慮したエコ戦略を備えて、その最前線に立っています。 当社は新しい考え方や革新的技術を活用し、使用する資源や生産廃棄物、乳製品工場から出る廃水などを削減して環境を保護する新たな方法の開発を続けています。

濃縮

牛乳やホエイの運搬は環境への大きな負荷になり、またコストもかかります。

けれども、RO (Reverse Osmosis:逆浸透) などの方法で製品を濃縮すれば、製品から余分な水分を取り除き、固形物の絶対量を増やすことができます。 それにより一度で 3 ~ 4 倍の固形物を運搬できるようになります。 余分な水はプロセス水として利用して、資源の利用をさらに減らすことができます。

利点

  • 大幅な輸送コスト削減 (3 分の 2)
  • CO2 排出削減
  • 余分な水はプロセス水として利用できるため、水の消費量が大幅に削減されます。

Product Recovery (製品回収)

製造後の生産ライン洗浄では、最初の洗浄水には製品と水が混ざっていますが、このいわば薄まった製品はほとんどの場合、廃水として排出されてしまいます。 けれども、RO 技術を利用すれば、製品回収プロセスを行って洗浄水から貴重な固形物質を回収し、水も回収できます。 濃縮された製品と RO 水が再利用できるため、生産廃棄物は極限まで削減されます。

利点

  • 製品が無駄にならない
  • 廃水量、および下水排出課徴金の大幅な削減
  • 水の再利用、水消費量の削減
  • 投資額回収期間の大幅な短縮

Green Flush (環境にやさしい洗浄)

Green Flush (環境にやさしい洗浄) は、資源を大幅に節約するソフトウェアベースのソリューションで、メンブラン フィルトレーション プラントでの効率的な洗浄を実現します。 従来のように工場の洗浄水をすべて排出する場合に比べ、Green Flush では水の消費量を削減し、効果的な洗浄に必要な水の量を最大 30 % 削減します。 さらに、Green Flush を採用することで洗浄にかかる時間が大幅に短縮され、そのため電力消費量も削減されます。

利点

  • 洗浄時間と資源使用量を最大 30 % 削減
  • 廃水量、および下水排出課徴金の大幅な削減

CIP Recovery (CIP 回収)

粉乳プラントの洗浄では大量の苛性アルカリ溶液が必要で、CIP 洗浄の後では苛性アルカリ溶液には大量の物質が溶解または懸濁しているため、新たな CIP シーケンスでこれをそのまま利用することができません。

大量の使用済み苛性アルカリ溶液を廃棄するかわりに、Tetra Pak Filtrationでは分離方法を開発し、苛性アルカリ溶液の 70 ~ 90 % を再生させます。

このプロセスは 80°C で実行されるため、分離の前に苛性アルカリ溶液を冷却する必要がありません。 冷却や再加熱によるエネルギー消費が不要になるため、ここでも資源の使用が削減されます。

利点

  • 使用済み苛性アルカリ溶液の 70 ~ 90% を再生、化学薬品使用量の削減
  • 洗浄の効率化
  • 廃水量、および下水排出課徴金の大幅な削減
  • 水の再利用、水消費量の削減
  • 冷却や加熱によるエネルギーの無駄がなくなる

ESATM

ESATM、(Energy Saving ATD (Anti-Tele­scoping Device)) は、メンブラン フィルトレーション工場の電力消費量を劇的に削減し、工場の生産量は維持する技術です。

利点

  • プロセス内のフローを 10 ~ 40 % 削減 (エネルギー節約)
  • 冷却の必要性減少
  • 既存工場の能力拡張の可能性
  • 国によってはエネルギー助成金を受けられる可能性
  • 工場内の無駄の削減

水の回収に関するパンフレット

水の回収と節約の評価

Tetra Pak の Water Competence Center は、顧客、大学、その他のビジネス パートナーと密接に協力して、食品加工の持続可能な未来を推進するための新しい技術やアプリケーションの開発を継続して進めています。

*水の回収と節約の評価に関するパンフレットの表示/ダウンロード

この製品に関する詳細については、 テトラパックにお問い合わせください。