フィルトレーション テクノロジー(膜ろ過技術)

分子レベルのフィルトレーション – 基本

液体には、分子量や粒度の異なる、溶解または分散した多数の成分が含まれています。 さまざまな膜孔サイズのメンブランを使用することで、目的の成分を確実に別々の液体流へと分離できます。 メンブラン フィルトレーションは、半透膜を使用して液体を 2 つの流れに分離できる技術です。

圧力差により押されることで、メンブランより小さな成分が "浸透" する形でメンブランを通過します。 残りの成分は "残留物" として残ります。 メンブランに平行して移動する相当量の流れが、プロセス中にメンブランの表面がブロックされるのを防ぎます。 これは「クロスフロー フィルトレーション」と呼ばれています。

クロスフロー フィルトレーションではデッドエンド フィルトレーションの場合とは異なり、フィルターが閉塞されることなく、一定のフィルター特性によるフィルトレーション プロセスの連続的な実行が可能となります。

クロスフロー フィルトレーションでは、ほとんどの供給流量がフィルターの内側に向かってではなく、フィルターの表面を横切って接線方向に進みます。

クロスフロー フィルトレーションを採用する理由

クロスフロー フィルトレーションでは、多数の利点が得られます。

  • フィルター ケーキが残らない
  • 濾過助剤が不要
  • 手作業を伴わない
  • 管理可能な一定の製品の品質を提供
  • 連続処理が可能
  • 自動処理が可能
  • フィルター (メンブラン) を長期間使用可能 (1 ~ 10 年)
  • 装置を衛生的に維持可能
  • CIP 洗浄が可能

クロスフロー フィルトレーション

クロスフロー フィルトレーション

この製品に関する詳細については、 テトラパックにお問い合わせください。