Tetra Pak® High Shear Mixer - Batch unit

多様な材料の混合

  • ダイナミック固定子とダブル シャフト撹拌機による製品の多様性
  • 加熱方法の選択によって特定の製品への適応
  • テトラパック独自の粉末バルブによる高稼働信頼性

Tetra Pak®High Shear Mixer (Tetra Pak® ハイシェアーミキサー - バッチ ユニット)

主なデータ

単一プロセスによる高粘度と低粘度の製品のミキシングや乳化および粉末の溶解。

 
処理能力
25 ~ 20,000 リットル/時、1 ~ 4 バッチ/時

 
アプリケーション
クリームチーズ, 調製乳製品, 飲料濃縮物, スープ, ソース, ドレッシング, アイスクリーム トッピング, コスメティックなど。


 

機能

ダイナミック固定子

複数タンクの必要を排除

テトラパックの特許取得済み技術であるターボ ユニットのダイナミック固定子は、空気圧によって下げられ、高せん断ミキシングを可能にします。 持ち上げると、固定子はせん断なしでのより大きな粒子の調合を可能にします。

ダブル シャフト撹拌機

高粘度製品の処理が可能

高粘度製品 (最大 100 000 cP) では、不均一な混合が生じる可能性があります。 このユニットでは、ダブル シャフト撹拌機によって製品全体がハイシェアーミキサーヘッドに接触するため、適切な混合を実現します。

柔軟な加熱方法

製品に合った方法をお選びいただけます

アプリケーションに応じて、さまざまな加熱および冷却システムを使用して製品の温度を調整できます。 急速かつ丁寧な加熱が求められる製品環境では、Tetra Pak ハイシェアーミキサーに上記インジェクション システムが備わっています。 タンクの側面にディンプル ジャケットが付いているため、非常に繊細な製品の加熱冷却でも、たんぱく質などの焼きつきを防ぎます。

パウダー バルブ

問題のない粉体処理が可能

パウダー バルブは、テトラパックの高せん断ミキサーに固有のものです。 何らかの理由で真空が失われると、すぐに閉じられます。 これにより、パウダー システムへの逆流のリスクを排除し、生産の停止につながる閉塞を防ぐことができます。

添加システムの選択

コスト管理に役立つ

このユニットでは、粉末材料の添加を自動または手動に選択できます。 自動添加は制御された信頼性の高い方法で作動します。 材料をミキサーに引き込むため、オペレーターはこの作業を行いません。 他方、手動添加は価格を抑えたいお客様にとって優れたソリューションとなり、Tetra Pak ハイシェアーミキサーをより低い投資コストでご提供できます。

オプション

圧力容器

製品を 100°C ~ 150°C に加熱する場合、安全を保証するために圧力容器が必要です。 テトラパックでは、欧州 PED 指令 EN97/23EC または U スタンプ済み USA ASME 規格に基づいて認定された、ハイシェアバッチ ミキサーとともに使用できる圧力容器を提供しています。

フラッシュ冷却

Tetra Pak ハイシェアーバッチ ミキサーにプレート式熱交換器および真空システムを追加することにより、迅速でエネルギー効率の高い製品の冷却を行えます。 微生物を滅菌するために殺菌されたスープやソースなどの製品は、90°C から 50°C まで 6 分で冷却でき、ただちに包装することができます。

この製品に関する詳細については、