空気混入を防止し、混合プロセスで空気を排除するための主な洞察


混合ソリューションを選択するにあたって考慮すべき主な要素には、該当するソリューションが混合プロセスで空気混入をどれだけ防げるか、また製品に残留する空気をどれだけ効果的に除去できるかが含まれます。 製造工程で製品に空気が入り込むと、結果として多くの問題が発生します。 泡やキャビテーションの発生により、ポンプが損傷する可能性があります。 熱交換器の汚れが増え、CIP 洗浄や充填での問題が発生し、時間が無駄になります。 空気は、不快な匂いや栄養分の酸化の原因となり、製品の安定性や品質保持期間、さらには品質にも悪影響を及ぼします。 空気混入を最小限に抑え、製品の品質、食品の安全性、そして効率的な混合を確保するには、次の点に留意する必要があります。

Tetra Pak ハイシェアーミキサー R370-1000D の詳細はお問い合わせください