Tetra Pak® Mixer RJCI

粉体および濃縮物の効率的な添加と混合

  • 低い総所有コストで、効率的かつ柔軟な混合を実現
  • フロア・レベルですばやく簡単に材料を添加
  • 粉体および濃縮物のロスを最小化

Tetra Pak® ミキサー RJCI

放射状ジェット流と同軸投入技術を組み合わせたミキシング ユニット

Tetra Pak® ミキサー RJCI では、放射状ジェット流と同軸投入技術を組み合わせて、洗練された人間工学的デザインで、飲料生産における粉末と濃縮物の効率的な添加およびミキシングを実現しています。 オペレーターはフロア レベルで、大きな袋やさまざまな濃縮容器から材料をすばやく簡単に添加することができます。

主なデータ

飲料生産向けに粉末や濃縮物を効率的に溶解および予混合する、スマートで人間工学的に設計されたミキサー

処理能力
標準タンク・サイズの 3,000 リットルは小規模および大規模バッチに適している、その他のサイズもあり

アプリケーション
炭酸飲料、非炭酸飲料、ネクター、アイスティー、エネルギードリンクなどのプリミックス (最大 200cP)

機能

特許取得済みの同軸投入技術

粉体および濃縮物のフロア・レベルでの迅速なインフィード

粉体および濃縮物は、同軸インジェクターにより、フロア・レベルで直接ストリームに迅速にインフィードされ、インジェクター内でただちに混合が始まります。 流動する液体は、ベルヌーイ効果によって圧力が小さくなります。 これにより、粉体がミキサーに吸い込まれ、インフィード内のダストが最小限に抑えられます。また、ファンや送風機が不要になり、メンテナンスの必要性も減少されます。 さらに、添加された材料によって方向が変わることがないため、目詰まりも防止できます。

放射ジェット技術

効率的で均質な混合を可能にする対称的な混合場

放射ジェット技術と同軸インジェクターを組み合わせた静かで均一なミキシングにより、タンク内の空気混入と泡立ちを最小限に抑えます。これにより、粉体を瞬時に湿らせて迅速に溶解し、均質に配分できます。表面に渦が生じることもありません。

スマートで人間工学的なオペレーター・テーブル

粉体および液体材料をフロア・レベルで添加

オペレーターはスマートで人間工学的なオペレーター・テーブルを使って床上で作業します。人間工学的な自動化ソリューションと操作しやすい大きな HMI を使用して、フロア・レベルで大きな袋やさまざまな濃縮物容器から材料をすばやく簡単に添加できます。 また、ファネル・バレルや濃縮物バレルをウォーター・ガンで簡単に水洗いできるため、粉体や濃縮物が添加中に無駄になることはありません。 フロア・レベルの作業では、材料添加用のスクリュー・コンベヤや空圧システムまたはプラットフォームが必要ないため、投資を最小限に抑えることができます。

オプション

ビッグバッグ・アダプター

ビッグバッグを接続して効率的に添加

ビッグバッグ・アダプターを使用してビッグバッグを接続すると、大量の粉末材料をより効率的に処理できます。

ドラム排出ソリューション

ご使用のアプリケーションに適合したドラム排出ソリューションをお選びください。

当社のオプションのドラム排出ソリューションを利用すると、あらゆる種類の濃縮液 (最大 10,000cP) を排出できます。

この製品に関する詳細については、 テトラパックにお問い合わせください。