Tetra Pak® Pasteurizer D

乳製品生産プロセスの中心

  • 急速応答ハイバネーション システムおよびコンパクトなユニット設計により、低いエネルギー消費量を実現しています
  • 生産前も生産中も、数多くの機能が食品の安全性をサポートします
  • 自動システムがこのユニットおよび接続されたサブモジュールの運用を制御するため、効率的な生産が可能です

Tetra Pak® パスチャライザー D 

- 乳製品用殺菌機

Tetra Pak® パスチャライザー D は、牛乳やチーズミルク、ヨーグルトミルク、クリーム、アイスクリームミックス、その他低酸性液体乳製品向けの殺菌機です。 製品の安全性、製品の節約、低いオペレーションコストと環境への配慮に重点を置き、永くご利用いただけます。

主なデータ

乳製品の安全で効率的な殺菌

処理能力
2,000 ~ 60,000 リットル/時 

用途
消費用牛乳, ヨーグルト ミルク, チーズミルク, アイスクリーム, 粉末, UHT 牛乳の前処理

機能

迂回システム

適切な殺菌を行う

製品の温度は、ホールディング セルの前後で確認されます。製品は、適切な温度まで熱せられ、ホールディング セル内で適切な時間が経過した場合にのみ、殺菌装置から出ることができます。それ以外の場合は、自動的に信号が迂回バルブに送られ、製品はバランス タンクに迂回され、再度循環されます。

差圧

食品の安全性確保

ブースター ポンプは、ユニットの殺菌された側と未殺菌の側とで差圧を作り出します。 安全性をさらに向上させるために、この差圧は圧力トランスミッターで監視することができます。 これらのトランスミッターは差圧が維持されていないことを「察知」すると、製品は再循環のためにバランス タンクに自動で差し戻されます。

自動ハイバネーション

エネルギー消費量を最小限にする

水の循環中、殺菌装置内の流量を減少させ、冷却を停止し、ほとんどのサブモジュールのスイッチをオフにすることができます。 この「ハイバネーション」により、製品がシステムに供給されるまでに消費される蒸気、エネルギー、水の量を最小限にすることができます。 増量と減量の時間はわずか 2 分ほどですが、短い水循環の時間でもハイバネーションを使用する価値はあります。

ターゲット ベースの生産

時間を節約し、人為的ミスを削減

この機能では、一定量のミルクやクリームの生産が可能です。一定のリットル数を設定するか、FMT タンクが一杯になるまで (またはソース タンクが空になるまで) 継続するようプログラムできます。セパレーターおよび標準化ユニットに接続されている場合、特定の脂肪含有量を定義することも可能です。CIP 洗浄、水循環、および新しいレシピへの切り換えなどの操作は、自動で順次実行するように事前に設定でき、人間が介入する必要はありません。

組み込み型漏れテスト

食品の安全性を向上

生産前または生産後に、組み込み型漏れテストの一環としてシステムを加圧すると、プレート式熱交換器またはダウンストリームで漏れがあることを意味する圧力の低下がないかどうかを確認できます。 漏れがあると、生産中に、殺菌された側や殺菌されていない側の汚染につながる可能性があるため、これは重要です。

低ロス バランス タンク

最小限の製品ロス

スマートなバランス タンク構成により、製品がタンクに入る前に最大限の水を取り除くことができ、製品と水の混合を低減することができます。 このメソッドにより、ミックス フェーズにおけるリットル数を 50% 以上減らすことができ、製品ロスを大幅に削減することができます。

連続プレッシャーコントロール

食品の安全性の向上

生産では、漏れのリスクを最小限にして汚染から製品を守るために、殺菌された側と未殺菌の側とで通常は圧力差があります。 しかし、排出時 (セパレーターから) に、この圧力差はなくなります。 Tetra Pak パスチャライザー D では、圧力コントロール システムがこの問題を解決します。 圧力低下を補正するため、漏れや汚染のリスクを避けられます。

この製品に関する詳細については、 テトラパックにお問い合わせください。