Tetra Pak® Bactofuge unit

胞子やバクテリアを除去するため、またはたんぱく質を濃縮するためのユニット

  • ヘルメチックシールで有害な空気の流入を防ぎ、優れた製品の品質を確保しています
  • AirTight 技術によって優れた胞子とバクテリアの除去効率を実現しています
  • 容量およびレシピの範囲において、バクトフュージユニットは優れた柔軟性を持つよう設計されています

Tetra Pak® Bactofuge unit (テトラパック® バクトフュージ ユニット)

Tetra Pak® Bactofuge units(テトラパック® バクトフュージ ユニット)は、チーズミルクの前処理に従来から使用され、通常は酪酸菌芽胞 (嫌気性の胞子) を取り除きます。 また、バクトフュージユニットは、粉末、消費用のミルクとクリームの品質を向上させるためにも使用され、通常は好気性の芽胞 (セレウス菌など) が取り除かれます。

ユニットの効率は、侵入したバクテリアや胞子の減少割合で表示されます。 一般に、効率は 99 % にまで達します。 高い効率が要求される装置の場合、2つ以上のユニットを つなげることもできます。

主なデータ

胞子やバクテリアを除去するため、またはたんぱく質を濃縮するためのユニット

 
処理能力
5,000 l/時 - 55,000 l/時

 
アプリケーション
チーズミルクの前処理、牛乳、粉末生産用のミルク、ホエイとたんぱく質の濃縮

機能

密閉式インレット シール

優れた胞子とバクテリアの除去とエネルギー効率

ユニットの外では、パイピングが密閉式シールによって回転スピンドルと接続されています。これにより、空気がバクテリア除去ユニットに侵入するのを防ぎ、製品が漏れだすのを防ぎます。空気が存在しないため、粒子と凝集体サイズが減少するリスクを最小限にすることができます。より低い回転速度で優れた分離効率を可能にするため、胞子とバクテリアの除去が向上します。

空洞スピンドル

丁寧な扱いにより製品の品質を維持

競合するモデルとは異なり、テトラパックのバクテリア除去ユニットでは、製品はボウルにスムーズに入り、回転するスピンドルを通過しながら徐々に加速します。システム内に空気が存在しないことも相まって、製品は丁寧に扱われます。そのため、粒子と凝集体のサイズが常に維持されることを意味します。

耐食ボウル

ボウルの寿命が延びて節約につながる

バクテリア除去ユニットのベースになっている AirTight 技術により、低速でも胞子とバクテリアの優れた除去効率を提供します。 これによって高い耐食性の鋼質の材料を使用でき、ボウルの寿命が延びます。

ヘルメチックアウトレット シール

製品の品質を保持する

製品は、ヘルメチック・アウトレット・シールを通してバクテリア除去ユニットから排出されます。これによってオーバーフローを避けられ、モデルによっては、クリーン・ミルクおよび胞子とバクテリアを添加したミルクが不必要に混合するのを防げます。また、不要な空気が機器内に入り込むのを防ぐことにより、脂肪球が分割してダウンストリームで製品の泡立ちが発生するを避けられます。

製品排出ポンプ

柔軟性と低いエネルギー消費量を実現

製品は、モデルに応じて、1 つまたは 2 つの回転ポンプを通してバクテリア除去ユニットから排出されます。ペアリング ディスクではなくポンプを使用することにより、機械的な変更を行うことなく、同じ装置で幅広い容量を扱えます。また、エネルギー効率も向上します。

オプション

Encapt (TM) 技術とは

大容量セパレーター用の革新的な省エネルギー技術

EncaptTM は、セパレーター ボウルの周囲を低空気圧にして空気摩擦を小さくすることで、AirTight 技術を利用した Tetra Pak® セパレーターのエネルギー消費量は競合製品と比較して約 40% もカットされています。これによって、操業コストと環境への影響の両方を削減できます。これは、低圧ポンプ、排出ポンプ、ウォーター ロック、および密封式アウトレットの組み合わせによって実現されます。

INSTAL モジュール

設置時間を短縮

INSTAL モジュールは、組立およびプレテストを完了し生産準備を整えたユニットとして出荷されます。

構成は以下の通りです:

  • ステンレス鋼フレーム
  • 操業に必要なすべての周辺機器
  • 組立およびプレテスト

バクトフュージ ユニットの詳細についてお問い合わせください