インテリジェントなデザイン

スプレッダブルチーズには、非常に多数のバラエティーがあります。 レシピの中には、ハーブが入っていたり、テクスチャーがあるものもあれば、滑らかなものもあります。 高脂肪のものもあれば、低脂肪のものもあります。 種類によってはチルドであったり、常温であったりもします。 このような非常に多種にわたる消費者の嗜好に対して、高い生産性で対応するには、さまざまな種類のスプレッダブルチーズの生産を簡単に設定できる、柔軟性に優れた生産ラインが必要となります。

ソフトチーズが入った木製のスプーン。

スプレッダブルチーズの世界では、これからもバラエティーの範囲が広がり続けていくことになります。 たとえば、クリームチーズは新鮮な牛乳を発酵させるか、または還元した粉末、新鮮な牛乳、クリームを直接酸性化して製造することが可能です。 どのスプレッドにも、生産技術と使用する材料の組み合わせにより、固有の味と舌触りが生まれます。

複数のレシピを生産しているか、または将来的に生産を希望しているメーカーは、投資を行う前に生産の柔軟性について慎重に考える必要がある、と Tetra Pak の 食品専門マネジャーセンターの Dan Björklund 氏は助言しています。

「現在のスプレッダブルチーズには非常に多くの種類があるため、お客様はメーカーとして、最高の柔軟性が得られ、末端顧客向けに、さまざまな種類のスプレッダブルチーズの生産を設定できるラインコンセプトを選択することを希望するでしょう」

スプレッダブルチーズの生産において、Tetra Pak は柔軟性を主な目標としています。 ラインは、少量生産だけでなく連続生産を行う際にもスケールを変更したり、低脂肪から高脂肪および粒入りからスムーズまで、バリエーションが幅広い複数のレシピを扱えるように、カスタム設計されます。

また Tetra Pak のラインは、常温包装で流通が可能な、さまざまな種類のアセプティックの生産にも瞬時に対応できます。

「当社のスプレッダブルチーズソリューションはすべて、お客様固有のニーズに対応しています。 当社では、これをインテリジェントカスタマイズと呼んでいます」、と Björklund 氏は説明しています。

「これは、ラインソリューションのエンジニアリングにより、特定の種類の製品と、これに付与したい特性を生産することを意味しています。 当社は、お客様が最小限の手間でさまざまな製品を切り替えられるようになることを希望しています」

これを達成するため、Tetra Pak はそのライン技術にこだわっています。 新鮮な牛乳から生産する従来のクリームチーズは、最も代表的な例です。 この場合、Tetra Pak ではウルトラフィルトレーションをお勧めしています。

その理由とは何でしょうか。 ウルトラフィルトレーションは非常に多くの用途に使用できる、と Björklund 氏は述べています。 「同じラインで製造した 2 つのクリームチーズが、脂肪含有量または目標生産量の点で異なる場合もあります。 これら両方の製品を、1 つのウルトラフィルトレーションユニットで扱うことが可能です。 このような柔軟性は大きな財産です」

ウルトラフィルトレーションには、低温でも機能するという事実から、濃縮方法が非常に繊細であるという利点が加わっています。 これは生産にさらなる多様性をもたらすだけでなく、クリームチーズの品質も強化します。

これらのラインは、製品の直接酸性化と、チルド流通向けの高温充填を基礎としています。 しかしこれらの導入は簡単で、たとえば Tetra Pak® Pasteurizer PF と発酵タンクを追加することにより、直接酸性化を発酵に切り替えることができます。

チルドクリームチーズを生産する場合は、Tetra Pak® Indirect UHT ユニットの温度プログラムを調節し、Tetra Pak 包装用のアセプティックバッファタンクと充填機を追加することにより、ラインを常温生産に拡張できます。

「当社の目標は、お客様が低脂肪から高脂肪、粒入りから粒なしまで、バリエーションが幅広い複数のレシピを、少量生産でも連続生産でも、またチルド製造または常温製造でも扱えるようにすることです」、と Björklund 氏は述べています。

スプレッダブルチーズの生産における基礎技術である、このような柔軟性は、混合においても同様です。 Tetra Pak® 高せん断ミキサーにより、市場では独特のレベルの柔軟性が得られます。
ナイフとダイナミックローター/ステーターを組み合わせることで、ミキサーはチーズブロック(従来のスプレッダブルプロセスチーズの中心的な材料)のカットと粉末の混合の両方を、効果的に実行できます。

可変せん断効果により、乳化と粉末の混合において究極の精度が得られます。 スプレッダブルプロセスチーズのレシピにおける共通の材料は、粉乳から植物油またはバターオイル、さまざま安定剤と乳化剤にまで及びます。 これらを多様に扱えることが不可欠です。

また Tetra Pak 高せん断ミキサーでは、スプレッダブルプロセスチーズの殺菌において有用な、ミキサー内加熱が可能です。 ミキサーがこの作業も実行できるため、 別に熱交換器を必要としないことになります。

「加熱はミキサー内で加熱されたジャケットとスチーム注入により行われます」、と Björklund 氏は述べています。 「これにより、必要に応じて、ホールディングタンクによるスキッドマウントが可能な、すべてを備えたプラグアンドプレイソリューションが生み出されます。 これは実に究極の柔軟性です」