連続タンパク質制御が可能な Tetra Pak® 標準化ユニット

市場で最高の ROI を実現するための、タンパク質および脂肪の正確な連続制御

タンパク質と脂肪の連続的で正確な測定と管理を目的とした、業界初で唯一のソリューション。タンパク質制御と性能比について保証された方法でもあります。合理化されたインラインの分析と調整では、正確かつ効率的な自動化を実現しています。

チームの人々、パートナーシップ

他にないパートナーシップ、独自のソリューション

標準化システムの大手サプライヤーである Tetra Pak が乳業界向けの分析ツールの大手サプライヤーである FOSS と提携するのは自然なことです。

当社独自のソフトウェアは、FOSS MilkoStream™FT インライン アナライザーを Tetra Pak® 標準化ユニットに統合して、最適なインライン分析とデータに対する自動化されたリアルタイム対応を実現します。

牛乳を飲む男の子

脂肪とタンパク質の比率、タンパク質、および脂肪の制御に対して保証されたパフォーマンス

データに対して、信頼性の高いリアルタイムの自動継続対応。

連続タンパク質制御が可能な Tetra Pak 標準化ユニットは、チーズ、粉乳、消費用ミルクに用いる牛乳を最適に標準化するために、24 時間 365 日均一な製品の品質を実現します。

標準化ユニットと FOSS

製品ロスを最小限に抑え、大幅なコスト カットを実現する精度と正確さ

毎時 500 回の脂肪とタンパク質のリアルタイム測定、7 秒ごとの濃度と成分の分析、リアルタイムの自動調整により他にない精度を実現します。 最適なソフトウェア統合とデータの利用により優れた製品ブレンド精度を実現し、わずかなスペースでパフォーマンスを発揮できます。

研究室の人々

成功を収めたパートナーシップ

この他にないコラボレーションの背景をご覧ください

記事の全文をご覧ください

標準化ユニットの解説画像

真のインラインである理由

鍵を握るのは制御です。 タンパク質と脂肪の正確な連続制御が可能なただ一つのソリューションの詳細をご覧ください。

解説画像を表示/ダウンロード

Tetra Pak 標準化ユニット

Tetra Pak 標準化ユニット

効率的な生産によるコスト削減と品質の確保

世界トップクラスの精度、信頼性の高いパフォーマンス、そして製品の品質の均一化により、脂肪とタンパク質の損失を最小限に抑えます。 堅牢な設計と SpotOn™ 技術を採用しているため、さまざまな既存の装置や生産シナリオに対応できます。

Tetra Pak® 標準化ユニットの詳細をご覧ください

FOSS MilkoStream™ インライン アナライザー

インラインの牛乳分析のための最先端技術を Tetra Pak PLC ソフトウェアを介して完全に統合することで、加工処理ラインへ FTIR の性能と正確さを直接追加し、正確なタンパク質と脂肪の連続制御を実現します。 適切なインライン洗浄を確保しながら、手動サンプリングおよび基準液の必要性を排除します。

*1 時間あたり 500 件のリアルタイム データを用いて脂肪とタンパク質を測定

*濃度と成分を 7 秒ごとに分析

*最適な設定、安定したパフォーマンス、最小限の点検の必要性

FOSS MilkoStream™ の詳細をご覧ください

標準化ソリューションの詳細についてお問い合わせください