Tetra Pak® Standardization unit(Tetra Pak® 標準化ユニット) - 直接インライン標準化

分離処理の直後に、牛乳やクリームに含まれる脂肪分、たんぱく質、固形成分、無脂乳固形分の自動インライン標準化を行うためのユニット。

高精度のミルクの標準化

  • 信頼できる性能と一貫した製品品質
  • 世界有数の精度でクリームの廃棄量を最小限化
  • 制限のない機能で特定のニーズにも対応

主なデータ

処理能力
5,000 ~ 75,000 l/h

用途
市乳とクリーム、色物乳飲料、発酵製品および粉乳製造用のミルク、チーズミルクおよび他のミルク製品。

機能

複数のイングリーディエントライン

数多くの乳製品の生産が可能

標準化装置には追加のイングリーディエントラインを接続することができ、このユニットは複数製品の処理に最適です。完全なシリーズとしての調整済み乳製品が可能です。

複数のコンポーネントの標準化

多様なラインを実現

テトラ・アルファストでは、質量平衡を制御する内蔵型ソフトウェアにより、脂肪分だけでなく、無脂固形分、添加物やたんぱく質なども標準化するユニークな機能があります。たとえばチーズミルクの生産では、製品の品質を維持するためにチーズ バットに入る脂肪とたんぱく質の比率を高度に制御する必要があるため、この機能は貴重です。

高度なソフトウェア

クリームの無駄を最小限にし、収益を最大限にする

高性能の測定機器から高速コンピューターに信号が送信され、そこで迅速に計算された後、脂肪含量を微調整するよう制御バルブに指示が送られます。 極めて精密な結果が実現可能になり、クリームの無駄が最小限となり、大幅な節約につながります。 たとえば、生産者は 1 年を通じて脂肪含有量の精度を +/- 0.015 % に保つことにより、年間 183,750 ユーロ の節約が可能となります。

オプション

SpotOn 技術

極めて均一な製品の品質

SpotOn 技術では、殺菌用のバランス タンクから最終製品用のタンク にいたるまで標準化を制御することにより、製品構成をより正確に保ちます。自己洗浄セパレーターは通常、45 分ごとに排出を行いますが、その際に製品内の脂肪の正常なバランスが乱れます。SpotOn ソフトウェアはこの乱れをすぐに自動で補正し、脂肪含有量を正常なレベルに再調整します。また製品を簡単に変更できるため、効率が向上し、時間の節約と製品ロスの減少につながります。

連続タンパク質制御が可能な Tetra Pak® 標準化ユニット

タンパク質と脂肪の正確な連続制御。

当社独自のソフトウェアを通じて FOSS MilkoStream を Tetra Pak® 標準化ユニットと統合することで、他にない真のインライン ソリューションが実現します。それは、タンパク質と脂肪を正確かつ連続で測定および制御できるただ一つのソリューションであり、タンパク質制御と性能比について保証された方法でもあります。これにより、タンパク質と脂肪の測定について 1 時間あたりの 500 件のリアルタイム結果が得られ、データに対して迅速かつ絶え間なく対応できるようになります。サンプリングの中で人為的ミスと不確実性は事実上排除されるため、効率と製品の品質の向上をもたらします。