Tetra Pak® Indirect UHT unit PFF with SSHE

最高レベルの知識に基づいた最高レベルの食品

  • 一貫した高い製品の品質と妥協を許さない食品の安全性
  • 際立った柔軟性と将来を見据えた性能
  • 低い操業コスト

Tetra Pak® 間接加熱式 UHT ユニット PFF と掻き取り式熱交換器

最高レベルの知識に基づいた最高レベルの食品

 

主なデータ:

丁寧な連続間接 UHT(Ultra High Temperature:超高温殺菌)処理ユニットと掻き取り式熱交換器により、固形物の有無を問わず高粘度食品などの繊細な製品が常に動き回るようにします

処理能力
1,000 ~ 1,500 リッター/時、その他の仕様にも対応

アプリケーション
ライスプディングとデザート

機能

インライン混合

製品の品質確保

テトラパック独自の正確な材料投入と連続混合は、製品に一貫した品質を与えます。 常に正確な量の米が牛乳に投入され、粒子が連続的に製品全体に均一に分散します。 その結果、正しいテクスチャーと色合いのライスプディングができます。 同じことが、このユニットで製造する他のデザート (ムース、カスタード、フルーツ調理品、クリームチーズなど) にも適用されます。
高度なレシピ・ハンドリング

製品の品質を守る

テトラパックの高度な自動化システムの一部として、調理時間、調理温度、充填温度をすべてプリセットできます。 これにより、新しいレシピの設定が簡単になり、人為的ミスの危険を防ぐことができます。

タンデンシャルインレット

製品処理用

タンデンシャルインレットにより、製品は熱交換器内を自然に流れます。 方向を変える必要がないため、製品への影響はほとんどありません。
内蔵スクレーパー

均一な熱伝導を確保

熱交換器内部のスクラッパーにより、製品は常にシリンダー壁から離されます。 そのため、加熱処理が均一になります。また、製品が付着して詰まることがなくなり、焦げたような味を防ぐことができます。

統合されたローター・リフト

点検やメンテナンスが容易

熱交換器には油圧駆動式のローター・リフトが組み込まれています。 このリフトはユニットの側面にあるハンドルで簡単に操作でき、メンテナンスやサービス作業を迅速かつ安全に行うことができます。

この製品に関する詳細については、