各地域での紙容器回収とリサイクル

各国の紙容器回収とリサイクル

国内ではどのように飲料用紙容器をリサイクルしているか調べてみましょう。

アルゼンチン

テトラパックは、国内の廃棄物管理の促進に早くから取り組み、市町村や都市リサイクル業者組合による収集を支援しています。 また、カートンパックのリサイクルインフラストラクチャの強化にも協力しています。 アルゼンチンには、段ボール繊維、ポリアル、またはパッケージ全体をリサイクルして、エコボードを製造する業者が 5 社以上あります。 詳細は、https://www.tetrapak.com/ar/sustainability/recicladores-en-argentina をご覧ください。

オーストラリア

オーストラリアの人口の 80% 以上が暮らす地方自治体では、街頭回収プログラムで飲料用紙容器が回収されています。 国内の紙容器のリサイクル方法は、https://recyclingnearyou.com.au/ をご覧ください

また、南オーストラリア、北部特別地域、ニューサウスウェールズ州では、容器の返金プログラムで飲料用紙容器をリサイクルすることもできます。 容器の返金に関する詳しい情報については、各州の環境保護庁 (EPA) の Web サイトをご覧ください。

オーストリア

オーストリアでは、飲料用紙容器は軽量包装や分別した雑紙と共に回収されます。 オーストリアでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。 http://www.getraenkekarton.at/recycling/

ベルギー

ベルギーでは、飲料用紙容器は軽量包装と共に回収されます。 ベルギーでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。 https://www.fostplus.be/

ブラジル

ブラジルでは、地域によって飲料用紙容器の回収方法が異なります。 街頭回収拠点での回収、または自発的に設置された紙容器収集場所への持ち込みによって回収されます。 ブラジルでの飲料用紙容器のリサイクルの詳細は次をご覧ください。https://www.rotadareciclagem.com.br/index.html

ボスニア ヘルツェゴビナ

ボスニア ヘルツェゴビナでは、地域によって飲料用紙容器の回収方法が異なります。 それぞれの地域のリサイクルの詳細は自治体にお問い合わせください。

カナダ

カナダでは、州によって飲料用紙容器の回収方法が異なります。 街頭回収の一環として青いボックスで回収されるか、容器の返金システムを通じて回収されます。 カナダでの飲料用紙容器のリサイクルの詳細は次をご覧ください。http://www.recyclecartons.ca/

チリ

テトラパックは、チリの飲料向けカートンパックのリサイクル回収を促進するために 15 年以上にわたってさまざまな活動を行ってきました。それらの活動には、環境教育キャンペーンや自治体、回収業者、リサイクル業者などの関係者の管理を強化するリサイクル制度のサポートなどがあります。 チリでのリサイクルの詳細は、https://www.tetrapak.com/cl/sustainability/recicladores-en-chile をご覧ください。

中国

中国では、地域のガイドラインによって飲料用紙容器の廃棄処理の分類が異なります。 各地域でのリサイクルの詳細は、自治体またはテトラパックの最寄りの支店や事業所にお問い合わせください。

コロンビア

テトラパックは、コロンビアにおける飲料用紙容器のリサイクルを増やすためにさまざまな活動を実施しています。たとえば、環境教育キャンペーンや回収インフラの支援、廃棄物回収団体との協力、紙容器を原材料として使用する 5 つのオペレーターとの持続可能なバリューチェーンの構築などを行っています。コロンビアの UBC 回収にはさまざまな方法があり、紙容器は以下の分野の街頭回収プログラムの一環として回収されています。 コーヒー三角地帯、カリ、バジェ・デ・アブラ中央(メデジン、エンビガド、サバネタなど)、および大西洋岸。 ボゴタおよびブカラマンガでは回収場所での回収に加えて街頭回収も行っており、UBC はリサイクル対象として回収されます。

コスタリカ

コスタリカでは、一部の地方自治体が街頭回収を行っており、他の大都市圏のパブリック スペースには自発的に設置された収集場所があります。 どちらの場合も、UBC はリサイクル対象として回収されます。 

クロアチア

クロアチアでは、地域によって飲料用紙容器の回収方法が異なります。 それぞれの地域のリサイクルの詳細は自治体にお問い合わせください。

チェコ共和国

チェコ共和国では、飲料用紙容器の回収には 3 つの方法があります。プラスチックと共に回収、使用済み飲料用紙容器専用の回収箱での回収、または雑紙と共に回収されます。 チェコ共和国でのリサイクルの詳細は次をご覧ください。 http://jaktridit.cz/cz/co-se-deje-s-odpadem/recyklace-a-vyuziti-napojovych-kartonu

ドミニカ共和国

ドミニカ共和国では、組織的な街頭回収は行われていません。 UBC は、プンタカナのホテル、レストラン、空港でのリサイクル回収プログラムの一環として回収されます。サントドミンゴ市と UBC が回収対象であるプンタカナビーチには、ボランティアによるリサイクルステーションがあります。

エクアドル

エクアドルでは、さまざまな方法で UBC がリサイクルされています。 キトでは収集場所での回収に加えて街頭回収も行っており、UBC はリサイクル対象として回収されます。 街頭回収はサントドミンゴでも行われています。 クエンカには収集場所が複数あります。

エストニア

エストニアでは、飲料用紙容器は軽量包装とともに回収されます。 エストニアでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。 http://www.eto.ee/en/ または http://www.tvo.ee/

フィンランド

フィンランドでは、飲料用紙容器は雑紙とともに回収されます。 フィンランドでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。 https://rinkiin.fi/for-households/

フランス

フランスでの飲料用紙容器は、地方自治体のごみから使用済み飲料用紙容器(UBC)のみを分別して回収されます。 フランスでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。 http://www.ecoemballages.fr

ドイツ

ドイツでは、飲料用紙容器は軽量包装と共に黄色い回収箱で回収されます。 ドイツでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。 http://www.getraenkekarton.de/

グアテマラ

グアテマラには複数の再生可能資源の収集場所が自発的に設置されており、UBC も回収の対象です。

ハンガリー

ハンガリーでは、飲料用紙容器は軽量包装や雑紙と共に回収されます。 ハンガリーでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。 http://italoskarton.hu/

アイスランド

アイスランドでは、飲料用紙容器は雑紙と共に回収されます。 アイスランドでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。 https://www.ekkirusl.is/

インド

インドにおいて、テトラパックは指定パートナー (NGO、廃棄物管理会社など) を通じて UBC 回収を推進しています。現在では、さまざまな地域や街で UBC 回収が行われています。 インドでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。http://www.ecolinkindia.com/enviornmentandus.htmhttps://www.tetrapak.com/in/sustainability

イラン

イランでは、飲料用紙容器の回収方法は地域によって異なり、各都市の回収インフラおよびリサイクルインフラに依存しています。 一般的に、飲料用紙容器は軽量の包装、厚紙、紙と区別せず回収された後、自治体、リサイクル業者、回収業者によって手作業で分別されています。 また、大都市圏の自治体では、回収キオスクおよびリサイクルキオスクを介して、使用済み飲料用紙容器(UBC)を回収しています。 また、自発的な運動や学校での取り組みも UBC の回収に大きく貢献しています。 それぞれの地域のリサイクルの詳細は、現地のテトラパック事務所にお問い合わせください。 (テトラパック イラン)

アイルランド

アイルランドでは、飲料用紙容器は家庭ごみの回収時または地域の回収所を通じて、各種資源ごみと共に回収されます。 アイルランドでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。 https://www.repak.ie/

イタリア

イタリアでは、飲料用紙容器は軽量包装と共に、または地域の回収所を通して回収されます。 イタリアでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。 http://www.tiriciclo.it/index.plp

日本

日本での飲料用紙容器は、さまざまなチャネル (地方自治体、小売業者、ボランティア団体、学校など) を通じて回収されています。 使用済みの飲料用紙容器をリサイクルする場合、消費者はパックを「開いて、洗って、乾かす」必要があります。またアルミ箔があるアセプティック紙容器とアルミ箔のないチルド紙容器を分別する必要もあります。 日本でのリサイクルの詳細は次をご覧ください。http://www.jcpra.or.jp/ (すべての容器)、http://www.yokankyo.jp/ (アルミ箔のない紙容器)、http://ll-pack-recycle.org/(アルミ箔のある紙容器)、http://www.kami-suisinkyo.org/ (アルミ箔のある紙容器を含む、紙ベースの包装)

韓国

韓国では、紙容器流通のEPRプログラムに従って紙容器が回収されています。 これには PCMC(屋根型紙容器)とアセプティック紙容器が含まれます。 韓国でのリサイクルの詳細は次をご覧ください。http://www.kora.or.kr/eng/main.do

リトアニア

リトアニアでは、飲料用紙容器は軽量包装と共に回収されます。 リトアニアでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。 http://www.zaliasistaskas.lt/

ルクセンブルク

ルクセンブルクでは、飲料用紙容器は軽量包装と共に回収されます。 ルクセンブルクでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。 https://valorlux.lu

マレーシア

2007 年の固形廃棄物・公共清掃管理法で導入された廃棄物発生源分別プログラムでは、使用済み飲料用紙容器(UBC)は紙カテゴリー内の再生可能資源に分類されています。 この計画は、次の州および連邦直轄領で実施されています: クアラルンプール、プトラジャヤ、ジョホール、ムラカ、ヌグリスンビラン、パハン、ケダ、ペルリ。マレーシアでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。http://www.kpkt.gov.my/separationatsource/en/ 

マレーシアには多くの収集場所があり、使用済みの飲料用紙容器を持ち込みリサイクルすることができます。 利用可能な収集場所については、http://www.kpkt.gov.my/separationatsource/en/ をご覧ください

オランダ

オランダでは、飲料用紙容器は軽量包装と共に回収されます。 オランダでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。 https://www.hedra.nl/

ニュージーランド

ニュージーランドの 48% の人が、オークランド市議会の街頭リサイクルで紙容器回収を利用できます。 詳細は次をご覧ください。https://www.aucklandcouncil.govt.nz/rubbish-recycling/rubbish-recycling-collections/Pages/what-put-your-recycling.aspx

ナイジェリア

ナイジェリアの飲料用紙容器は、ラゴス最大のティッシュペーパー工場がリサイクルしています。2019 年中頃まで、さまざまな関係者と協力して飲料用紙容器を回収する消費財廃棄物回収プログラムがナイジェリアのラゴスやその他の都市で行われ、2019 年末まで飲料用紙容器の回収とリサイクルに対する意識を高めるための学校向けプログラムが実施されました。

ノルウェー

ノルウェーでは、飲料用紙容器は分別した雑紙または未分別の雑紙と共に回収されます。 ノルウェーでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。 https://www.grontpunkt.no/gjenvinning/drikkekartong/

パキスタン

パキスタンにおける飲料用紙容器のリサイクルは、テトラパックの取り組みと支援により、この 10 年間で着実に増えています。 リサイクル専門業者 2 社が定期的に稼動し、使用済みの飲料用紙容器を付加価値のある紙および紙容器製品に加工しています。 さらに、他の製紙工場も回収された飲料用紙容器によるメリットをある程度享受しています。 パキスタンの飲料用紙容器の回収は、自治体によって行われるほか、廃棄物ディーラーと雑紙の流通を通して廃棄物管理会社によって行われています。

パナマ

パナマの自治体は、再生可能資源のための公共収集場所を提供しています。 UBC はこの施設で回収されています。

パラグアイ

パッケージのリサイクルチェーン全体に取り組む国内のリサイクル業者をサポートしています。リサイクル業者は、パッケージを分別して段ボール製品やエコボードを製造しています。

ペルー 

リマの大都市圏のパブリックスペースには自発的に設置された収集場所があります。ここでは、UBC を含む再生可能資源を回収しています。 さらに、他のエリアでは街頭回収を実施しているところもあり、UBC などの再生可能資源を回収しています。

フィリピン

フィリピンでは、UBC のためのリサイクルインフラが利用可能になりました。 メトロマニラ地域で回収および分別された紙容器が、ブラカン州にある古紙再生工場でリサイクルされています。 

197 校の公立学校および私立学校がテトラパックの Care and Share プログラムに参加し、UBC リサイクルに関する教育および UBC の回収を積極的に推進しています。 詳細は次をご覧ください。 https://www.tetrapak.com/ph

ポーランド

ポーランドでは、飲料用紙パックはプラスチック、金属、およびその他の資源と共に黄色い回収箱で回収されます。 ポーランドでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。http://dziennikustaw.gov.pl/DU/rok/2001/wydanie/69/pozycja/719

ポルトガル

ポルトガルでは、飲料用紙容器は軽量包装と共に黄色い回収箱で回収されます。 ポルトガルでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。 http://www.pontoverde.pt/en/ または http://www.novoverde.pt/

サウジアラビア

2017 年、テトラパック・アラビア社は、サウジアラビアの首都リヤドの現地製紙工場である OPI と戦略的パートナーシップを結び、RIYcycle と名付けられたプロジェクトが 2020 年に始動する予定です。この共同出資により、使用済み飲料用紙容器を付加価値のある最終製品に変換できるようになります。 この新しいリサイクル工場は年間 8,000 トンの飲料用紙容器をリサイクルすることができ、地域初のリサイクル工場となります。

セルビア

セルビアでは、地域によって飲料用紙容器の回収方法が異なります。 各地域のリサイクルの詳細は自治体にお問い合わせください。

シンガポール

シンガポールの国内リサイクル計画では、飲料用紙容器は紙製の包装材に分類されています。 使用済みの飲料用紙容器(UBC)を、住宅開発庁が定める各ブロックに置かれた青い回収箱に入れることは、住民にとって最も便利で身近な方法の 1 つです。 それぞれ指定された公共廃棄物回収業者 (PWC) が再生可能資源を回収および分別し、その後、リサイクル場へと配送します。

回収箱や UBC の回収は、次の場所でも利用できます。

- テトラパックの Little Green Dots Program および School Recycling Program に参加する幼稚園と学校。 UBC 回収箱は、学校付近の地域社会の人々が利用できます。 参加している学校の一覧は、次をご覧ください。https://www.tetrapak.com/sg/sustainability/schoolrecycling
- UBC を回収している地域社会プログラム。 地域社会プログラムの詳細は、次をご覧ください。https://www.tetrapak.com/sg/sustainability/communityrecycling1

スロバキア

スロバキアでは、飲料用紙容器は軽量包装や金属と共に、または個別に回収されます。

南アフリカ

南アフリカでは、飲料用紙容器の回収は非公式回収者によって行われています。 消費者は、特定の回収地点に紙容器を置くことでリサイクルに参加するよう推奨されています。 回収地点については、次をご覧ください。 www.recycleyourcartons.co.za

スペイン

スペインでは、飲料用紙容器は地域によって異なる方法で回収されます。雑紙と共に、軽量包装と共に、または地方自治体のごみから使用済み飲料用紙容器を分別して回収されます。 スペインでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。 https://www.ecoembes.com/es

スウェーデン

スウェーデンでは、飲料用紙容器はさまざまな紙製の包装材と共に回収されます。 スウェーデンでのリサイクルの詳細は次をご覧ください。 http://ftiab.se/29.html 

台湾

台湾では、地方自治体のごみから使用済み飲料用紙容器(UBC)を分別して回収されます。 台湾でのリサイクルの詳細は次をご覧ください。https://recycle.epa.gov.tw/en/index.html

チュニジア

チュニジアでは、チュニジア最大の製紙工場により飲料用紙容器をリサイクルするリサイクルソリューションの開発が進められ、マグレブ諸国のハブになると考えられています。政府はブランドオーナーや関連するステークホルダーと協力して、近い将来実施する予定である包装廃棄物に関する回収スキームの策定に取り組んでいます。

トルコ

使用済みの飲料用紙容器は、他の種類の容器と共に回収されます。一般的には、街頭回収設備や建物内の包装用ゴミ箱から、自治体よっては各家庭から直接、紙容器と紙が回収されます。 回収活動は、包装回収団体、自治体、認可を受けた回収 / 選別業者が法令に基づき実施しています。 専用工場で選別された容器は認可されたリサイクル工場に送られ、二次原料や新しい最終製品に加工されます。
詳細情報: https://www.cevko.org.tr/

イギリスおよび北アイルランド

イギリスでは、地域によって回収システムが異なります。 飲料用紙容器は、家庭ごみの回収時または地域の回収所を通して回収されます。 各地域の紙容器の回収方法は次をご覧ください。 www.tetrapakrecycling.co.uk

ウルグアイ

テトラパックはリサイクルを促進し、地域の循環型経済ソリューションの発展に協力しています。 紙容器全体を使用してエコボードを作成するリサイクル業者に協力しています。

米国

米国では、地域によって飲料用紙容器の回収方法が異なります。 他の再生可能資源と共にリサイクルボックスに入れて街頭回収される、または地域の収集場所で回収されます。 米国での飲料用紙容器のリサイクル、また地域で飲料用紙容器のリサイクルが実施されていることを確認するには、次をご覧ください。https://www.recyclecartons.com/

その他の国についての情報も近日中にご案内します。 ​​

問い合わせ先

それぞれの国や地域でのリサイクルについては、居住する地域の窓口にお問い合わせください

テトラパックへのお問い合わせ