子供たちへの栄養補助プログラムの始動、ミャンマー

ミャンマーの学校給食

課題: 国連世界食糧計画によれば、ミャンマーでは子供の 3 人に 1 人が慢性的な栄養不良に陥っています。

イニシアチブ: ミャンマーの学校給食牛乳プログラムは 2013 年、ミャンマー連邦共和国政府により、テトララバルのFood for Development の技術的支援を受けて開始されました。 目標は学校給食牛乳プログラムを全国的なプログラムに成長させ、ミャンマーのすべての子供たちに栄養ある牛乳を届けることです。 

Su Sanda Hlaing 氏は、現在 26,000 人の子供たちが対象となっているこのプログラムを統括しています。 彼女のチームはプログラムを監視および展開しており、教育省のチームとも密接に連携しています。 彼らは定期的に各学校を訪問し、教師、保護者、地域の代表者たちと直接接触して、牛乳がもたらす変化の評価を行っています。 安全な保管に関するプロトコル、牛乳の消費レポート、廃棄物処理、その他すべての安全性と品質に関するプロトコルを追跡することで、牛乳が最高の衛生基準および安全基準を満たしていることが確認されています。

価値: 栄養価の高い牛乳は、子供たちや地域に広く受け入れられています。 対象となった学校では、入学率および退学率が大幅に改善されています。 フランスの国立開発研究所 (Institut de Recherche pour le Developpement) では、学校給食牛乳プログラムの栄養面での影響調査を行っており、これは 2017 年に完了する予定です。 

今後の展望: 学校の牛乳に対する需要は、地域の小規模な酪農家にとって主要な市場であるため、学校給食牛乳と乳業界には重要なつながりがあります。 全国的な学校給食牛乳プログラムはすべての子供にとって有益なだけでなく、多くの小規模農家にとっても利益があり、結果的に地域の牛乳生産の拡大につながります。

学校給食プログラムに関する詳細