FSC™ の認知を高める

当社は全世界で、持続可能な森林管理に関する理解を深めるイニシアチブをサポートし、消費者が責任ある選択をするよう支援しています。

持続可能な森林管理に関する理解を深めるイニシアチブ

ブラジル: ソーシャル・メディア・キャンペーン

2016 年、ブラジルにで流通したテトラパックの紙容器の中で、森林管理協議会 (Forestry Stewardship Council™、FSC™) ラベルがついたものは 88% にものぼりました。 これは、当社と当社の顧客が、再生可能なパッケージングを推進し、消費者に地球の未来を守る賢い選択を促す取り組みをしている証です。

2017 年 5 月には、この取り組みをもう一歩進めるため、Tô de Olho (見守っています) というソーシャル・メディア・キャンペーンを実施しました。 このキャンペーンでは、持続可能な方法で管理され認定された原料から作られた紙や、ブラジル産のサトウキビ由来のエタノールからできたバイオ素材ポリマーなど、テトラパックの紙容器に使用されている再生可能な資源の重要性について関心を集めました。

マレーシア: 森から商品棚、さらにその先へ

当社は FSC Malaysia とパートナー関係を結び、消費者に責任ある調達をされた FSCラベル付きの紙容器の購入を促すことを目的とした、"From the forest to the shelf and beyond (森から商品棚、さらにその先へ)" という 4 日間のイベントを開催しました。 このイベントはショッピング モールで開かれ、FSCラベル付きのテトラパックの紙容器が、森を出発してから製造加工されて商品棚に並び、使用後にはリサイクルされるまでの流れを消費者に公開しました。 主なキャンペーン協賛ブランドは、Ace Canning、Amoy、Dutch Lady、Etika、F&N、Linaco、Malaysia Milk、Nestlé、Yeo’s でした。

中国: 先駆的な FSC イニシアチブ

当社は 2010 年から、中国南部での先駆的な FSC イニシアチブとして、騰衝市の農用林を支援しています。 騰衝市の農用林は誰でも訪れることができ、FSC に関するあらゆる情報を公開しています。 消費者、小売業者、メディアは、持続可能な森林が地域社会や環境に直接のメリットを与え、同時にビジネス バリューも創造している様子を自分の目で確かめることができます。 2016 年までに、製品ポートフォリオに FSCラベル付き容器を導入したテトラパックの顧客を含めて、80 人が来訪しました。

台湾: 小学生の教育

Chinese Society for Environmental Education とのパートナー関係を結んでいる当社は、小学校の生徒および教師向けに、FSC 教育プログラムを実施しています。 本プログラムの特徴は、対話形式のプレゼンテーションやゲームを通じて、FSC の価値や、FSC認定製品が持続可能な環境に寄与する仕組みについて学ぶことです。 このプログラムが 2014 年に始まって以来、約 4,200 人の生徒と 360 人の教師が参加しました。 それと同時期から、2014 年には 31% だったテトラパックの FSCラベル付き紙容器の割合は、2016 年には 46% まで大きく増加しました。

インドネシア: 集結する FSC ビジネス

インドネシアにおいて、当社は FSC および WWF とパートナー関係を結び、お客様との会談を初めて行いました。 このイベントには 12 社から 23 人のお客様が参加し、FSCラベルの付加価値について議論しました。 また、国内のティッシュペーパー生産者の方から、ビジネスに FSCラベルを導入し、そのプロセスで環境へのメリットを実感したというお話もうかがいました。