循環型経済

当社は循環性に関して、再生可能でリサイクル可能な材料、責任ある調達、そしてより少ない資源でより多くを成し遂げるということに基づいた立場を取っています。

リサイクルと資源効率の重視

何よりも、当社のパッケージングは食品を保護し、それをどこでも安全に利用できるようにするためにあります。 循環型経済は、廃棄物を削減し、材料をより長く使い続ける再生モデルです。 そのため、テトラパックは循環型経済を何よりも重視しています。 当社の事業は、廃棄物を最小限に抑え、資源の使用を最適化するように設計されています。当社はこれまで常に、パッケージング、加工処理、およびサービス ソリューションによるライフサイクルへの影響を軽減するよう努めてきました。 しかし、当社はより大きなエコシステムの一部であるため、2012 年から 2017 年にかけて、リサイクル インフラに 1,700 万ユーロを投資し、世界中でパートナーシップのネットワークを構築しました。 2016 年には、Circular Economy 100

(CE100) に参加し、2018 年 1 月には EU のプラスチック廃棄物削減戦略に取り組むことを公約しました。

2018 年、当社は循環性の目標を満たすソリューションのポートフォリオに関して、研究開発への投資を 3 倍に増やしました。 また、循環型経済を専門に取り組む 45 の新たな役職を 5 つの大陸で設け、昨年 11 月には Veolia との新たな大型パートナーシップも発表しました。このパートナーシップは、2019 年に大幅に拡大する予定です。これを通じて、2025 年までに EU 内で収集された使用済み飲料用紙パックの全成分をリサイクルできるよう取り組みます。

最後に、当社は今年の後半に 2030 年戦略を開始する際に、新たな循環型経済の目標を共有できることを楽しみにしています。

循環型ポートフォリオの構築

当社の目標は、二酸化炭素の排出が少ない循環経済に貢献するパッケージ、すなわち、再生可能な資源および完全にリサイクル可能な再生資源からのみ作られたパッケージを、食品の安全性に関する要件を損なわずに提供することです。

今後も、再生プラスチック市場は (未使用プラスチックとは対照的に) 成長し続けなければなりません。 この市場の拡大を支援するため、当社は引き続き承認された食品安全のプラスチックを積極的に探し、支援します。 同時に、当社の製品ポートフォリオにはリサイクル性と再生可能性の向上を取り入れ、紙製ストローや係留キャップの認知向上および開発を通じてプラスチック ゴミ問題へ取り組みます。さらに、バリューチェーンを通じて代表的な関連企業 (Veolia など) とのパートナーシップを推し進め、リサイクルの向上に役立てます。 ​

パートナーシップおよびコラボレーション

循環型経済では、調達、製品設計、消費者の啓発、収集と分別、リサイクル、そして市場化まで、製品ライフサイクルのあらゆる段階でコラボレーションを必要とします。 当社はこのバリューチェーンに沿って強固な基盤と革新的なパートナーシップを築いてきましたが、変革のためには全員のステップアップが必要です。 プラスチック汚染に対抗するトレンドの高まりと、それに伴う社会的および法的圧力から、プラスチックを今以上に循環させる経済に向けた迅速で協力的な取り組みを実現するために必要な条件が示されています。

二酸化炭素の排出が少ない循環型経済に貢献するには

テトラパックは、既にいくつかの重要な方法で循環型経済に貢献しています。

再生可能な資源の使用: 再生可能な資源とは、木やサトウキビのような、再び生長する天然資源のことです。 テトラパックは、再生可能な資源を使用し、責任を持ってそれらを管理することは、市場での差別化や地球の保護につながると考えています。 現在、当社の紙容器包材では、再生可能な資源が平均約 75% 含まれています。 長期的には、当社はすべての容器を 100% 再生可能な材料から作ることを目標にしています。 

当社は Ellen MacArthur Foundation の CE100 およびそのメンバー企業 3 社と協力し、低炭素で循環型の未来のための再生可能な資源が果たす役割と貢献に関する共同通信を発行しました。

責任ある資源調達: 循環性へのシフトにおいて、責任ある調達は重要なステップです。材料の向上により、当社は循環型経済を真に持続可能なものにする支援を行うことができます。 テトラパックによって供給される紙はすべて、森林管理協議会 (FSC™)認定林、もしくは FSC の定める管理された供給源から調達されています。 当社のパッケージングでは、少量のアルミニウムを不可欠な保護層として使用しています。 テトラパックは代替物の調査を進めながら、この使用量を削減するためのイノベーションを続けています。 アルミニウム・スチュワードシップ・イニシアチブ (ASI) のメンバーとして、当社はこの材料に関連する重要な社会的課題および環境的課題に対処しようとしています。

リサイクルの強化: リサイクルは価値ある材料を経済の中に留めるのに役立ち、さまざまな用途に対するリサイクル済みの材料の需要は増加しています。 テトラパックが提供する紙パックはすべてリサイクル可能であり、2017 年だけで 460 億個の紙パックがリサイクルされました。 当社は、当社の容器が提供されるすべての場所でリサイクル バリューチェーンの向上に取り組んでいます。 EU のプラスチック削減宣言に参加する企業として、当社は 2030 年までにヨーロッパ内の飲料用紙パックのすべての要素に対してリサイクル ソリューションを導入するため、業界パートナーと共に取り組んでいます。

資源効率の良い製品とプロセス: 地球という境界内で成長するため、当社はより少ない資源でより多くのことを達成する必要があります。 当社の製品とプロセスの効率を高めることで、当社は廃棄物の量を最小限に抑えつつ、資源の消費量を削減します。 テトラパックの食品加工および充填装置は、利用可能な中で最善のソリューションです。 当社は、お客様の資源の使用を最小限に抑えてコストを削減する新しい製品およびサービスの開発において、妥協のないイノベーションを進めます。

飲料用紙パックは二酸化炭素の排出が少ない循環経済の構築に貢献します

循環型経済

当社の循環経済に向けたアプローチについて