低炭素・循環型経済

円を完成させる

低炭素・循環型経済とは

循環型経済では、製造業者は廃棄物を設計し、資源を再利用およびリサイクルし、環境への産業の影響を減らすために自然なシステムを再生します。 これは今日の説得力のあるアイデアであり、持続可能性の重要な一部です。 しかし、ここで終わりではありません。

低炭素・循環型経済は、原材料と製造バリューチェーンの気候変動への影響も考慮に入れています。 化石燃料とは異なり、植物由来の再生可能な原材料は、成長し、再利用やリサイクルされる際に二酸化炭素排出量を削減することができます。 たとえば、ヨーロッパでは、森林と森林ベースのバイオ経済が現在のCO2排出量の 25% をカバーできると推定されています 1

さらに、低炭素・循環型経済では、バリューチェーン全体が気候変動への影響を最小限に抑えるように最適化されています。 つまり、再生可能エネルギーを活用したビジネスの運用、非常に効率的な製造プロセス、および燃料使用量を削減するロジスティクスを意味します。

Tetra Pak は、バリューチェーン全体で気候変動への影響を最小限に抑えるため、二酸化炭素の排出量が少ない循環型経済に取り組んでいます。

低炭素・循環型経済の構成要素

持続可能な資源、植物由来の再生可能原料。 低炭素・循環型経済のアプローチには、木材やサトウキビなどの植物由来の原料が不可欠なだけでなく、 将来の世代のために環境を保護するのに役立ちます。 木材などの再生可能な資源は、年月が経過するに従って供給量が自然に回復するため、その他の限りある資源や原材料への依存度を下げる有効な手段になります。 また、持続可能な森林管理を促進し、生物の多様性を保護することもできます。 現在、Tetra Pak の紙容器包材では、再生可能な資源が平均約 71% 含まれています。 長期的には、当社はすべてのパッケージングを 100% 再生可能な資源から作ることを目標にしています。

リサイクル

リサイクルは、廃棄物を減らし、資源をより長く使用し続けることを目的とする低炭素・循環型経済の中心です。 すべてのTetra Pak 紙パックはリサイクル可能で、さまざまな新しい製品へと再加工することができます。 当社は、当社の容器が提供されるすべての場所でリサイクル バリューチェーンの向上に取り組んでいます。 欧州プラスチック戦略に参加する企業として、Tetra Pak は 2030 年までに欧州内の飲料用紙パックのすべてのコンポーネントに対してリサイクル ソリューションを導入するため、業界パートナーと共に取り組んでいます。 Veolia とのパートナーシップにより、欧州連合内で収集された使用済み飲料用紙パックのすべてのコンポーネントが 2025 年までにリサイクルできるようになります。世界中で、毎年 100 万トンの使用済み飲料用紙パックがリサイクルされています。

Tetra Pak で行われているリサイクルの詳細について

低炭素化の業務

低炭素・循環型経済は、化石燃料に頼らない再生可能エネルギーと超効率的な運用の上に成り立っています。 Tetra Pak は、 RE100 に取り組み、2030 年までに全事業を通して 100% の再生可能な電力を調達し、操業上の温室効果ガス排出量を同一稼働時間比で 42% 削減します。 ​

科学の知見に基づいた目標と再生可能エネルギーを使用した、Tetra Pak が取り組む排出量の削減方法について

食品廃棄物を生まないデザイン

国連食糧農業機関 (FAO) によると、食品廃棄物は温室効果ガス排出の 8% を占めており、ビジネスに膨大な財務コストをもたらしています。 低炭素・循環型経済では、これを最小限に抑えなければなりません。 Tetra Pak は、食品の安全性を確保し、どこでも利用できることを目的に設立されました。当社のパッケージと加工装置はすべて、食品と飲料の無駄を最小限に抑えるように設計されています。

フードチェーンの無駄をなくすためのデザインの取り組み

低炭素型の物流

飲食物の輸送では常に二酸化炭素が排出されますが、 革新的なパッケージングで削減していくことができます。 この Tetra Recart® パッケージなら、食品は長方形の軽量パッケージに詰めることができ、トラック 1 台あたり10 〜 20% 多くのユニットを輸送できます。 さらに、気候変動への全体的な影響が鉄やガラスよりも 5 倍低いことが示されています。

「2 世紀分スマートな缶詰の食品」がどのように食品パッケージングと輸送システムを変えられるかについて


1 出典: EC: JRC Science for Policy Report 発行『バイオエコノミー レポート 2016 (pdf) 』

飲料用紙パックは二酸化炭素の排出が少ない循環経済の構築に貢献します

循環型経済

当社の循環経済に向けたアプローチについて