持続可能な紙容器

当社の目標は、二酸化炭素の排出が少ない循環経済に貢献する紙容器、すなわち、再生可能な資源および完全にリサイクル可能な再生資源からのみ作られた紙容器を、食品の安全性に関する要件を損なわずに提供することです。

環境目標を達成しましょう。

当社はお客様の持続的な成長を支援したいと考えております。 これが、再生可能な資源の含有量を増やし、環境への影響を抑えた紙容器ラインアップを拡充に取り組んでいる理由です。 拡充されたテトラパックのポートフォリオをご覧になり、次の包装ソリューションをご検討ください。

Tetra Brik®アセプティックTetra Prisma®アセプティック、および Tetra Rex®カートンパックをご覧ください。

リサイクルと循環

当社は、さまざまな方法で循環型経済を支援します。たとえば、廃棄およびリサイクルしやすい製品を作ったり、使用済み機器を改修して再販したりします。

将来のために大切なものを守る取り組み の詳細をご覧ください。

小さな親切、大きな成果

当社は、地球の持続可能な未来を支え、お客様の長期的なビジネスの成功を支援しています。 紙容器ソリューションに求められる高い基準を妥協することなく、使用する資源の量の削減に努めています。 当社の紙容器は、軽量でありながら頑丈な素材で作られており、お客様と地球にとって大切なものを守る取り組みを続けています。

テトラパックの紙容器に使用されている原材料 の詳細をご覧ください。

循環型紙容器ポートフォリオの構築

テトラパックは2018 年に、理想的な飲料用カートンパックのビジョンを中心とした、包装のポートフォリオを革新する戦略の再構築を開始しました。 目標は、低炭素で気候に中立な循環型経済に貢献するパッケージ、すなわち、再生可能な資源および完全にリサイクル可能な再生資源からのみ作られたパッケージを、食品の安全性に関する要件を損なわずに提供することです。 この理想的なパッケージを作成するには、大きな革新と綿密な開発が求められますが、それを実現するためにテトラパックは既に全力で取り組んでいます。

再生可能な資源とは、木やサトウキビのように再び生長する天然資源を指します。 テトラパックでは、再生可能な資源を使用して責任を持ってそれらを管理することが市場での差別化や地球の保護につながると考えています。 

Tetra Pakの紙容器は重量換算で平均70%以上が紙で、テトラパックの優先事項の1つは持続可能な木材の調達です。 すべての紙は森林管理協議会™(FSC™)が認定した森林およびその他の管理木材からから供給されます。Tetra Pak の FSC™ ライセンスコードは FSC™ C014047 です。

テトラパックは時間とリソースに投資して、全事業にわたり持続可能な最適な代替品を探しています。 パックでは、たとえば化石由来原料をサトウキビ由来のバイオ素材ポリマーに置き換えることで、再生可能な資源の含有量を増やしています。 また、カーボン・フットプリントのさらなる削減のために、バイオ素材のキャップとラミネート・コーティングへの切り替えを進めています。 

テトラパックは、ポートフォリオ全体でプラスチックの使用を低減することを約束しています。その一環として再生可能な紙製のストローを 2019 年内に製品化し、2025 年までに世界的な需要を満たす計画を発表しました。また、すべてのプラスチック製ストローを紙製ストローに置き換える長期的な取り組みへの投資額を 5 倍に引き上げています。

小型容器用紙製ストローの詳細をご覧ください

持続可能な容器の詳細について