効率向上と廃棄物の削減

WCM (World Class Manufacturig: TPM のための社内活動) の原則を応用することで、すべての業務において廃棄物を削減し、水の損失を最小限に抑え、効率性を高め、エネルギー消費量を減らすことに成功しています。

効率向上と廃棄物の削減

テトラパックでは WCM を利用して業績の高い現場の評価を行い、優れた実践を認め、それを全社的に応用しています。 また技術の向上も廃棄物の削減に役立っており、廃棄材料はほぼ 100% リサイクルされているほか、残りは責任を持って現在の法規制に準拠して処分しています。

化学物質と有害廃棄物

当社の業務で使用する化学物質は、導入前に承認を受けることが義務付けられており、その使用方法は当社の事業所の環境・安全スタッフが制御および管理しています。 当社で生成された有害廃棄物はすべて、現地の法律やベスト プラクティスに従って処分されます。 テトラパックでは業務全体にわたって予防原則を適用しています。そのため潜在的リスクが特定された場合は、より良い代替策を選択するかリスク削減策を講じることでそのリスクを排除または抑制することを目指します。

また包材加工工場や他の製造工場を含む当社の欧州のすべての拠点には、化学物質の登録、評価、認可、および制限に関する EU REACH 規則のもと、さまざまな義務が課せられています。 他の多くの地域においても同様の化学物質に関する法律が制定されつつあり、当社では自社のビジネスや使用する素材がこうした法律に確実に準拠するよう、常に努力を続けています。 すべての拠点の化学物質取り扱い責任者は、REACH 規則が自分たちの活動にどのように適用されるかを理解するためのトレーニングを受けています。

当社自身の施設で生産のために使用される水の量は多くありません。 それでもテトラパックでは、特に水資源が貴重な地域においては、常に実現可能な節水策の機会を探し求めています。

一方、水の利用は当社が開発・販売する機器に関しては重要な項目であるため、当社では水使用量を削減することに的を絞った努力を行っており、その方策として環境ベンチマーク・サービスやウォーター・フィルタリング・ステーションなどの製品を利用しています。  

独立した認証

テトラパックでは外部認証である ISO 規格 (International Organization for Standardization: 国際標準化機構) の ISO14001 を利用して、全世界の製造施設で環境問題や環境への影響を体系的に管理しています。 

当社の環境への影響について: