乳業の発展

世界の牛乳に対する需要は 10 年以内に供給量を上回ることが予想されており、乳業界は非常に強い圧力にさらされています。 当社はデイリー・ハブ・モデルを通して小自作農家のトレーニングを行い、お客様が品質の高い牛乳を調達するためのつながりを作ることで、持続可能なバリューチェーンの構築に貢献します。

小自作農家の重視

10 億人近い人々が、酪農場、小自作農地、または家内で数頭の乳畜を飼育しながら生活しています。 実際、牛乳の年間生産量 8 億 1,900 万トンのうち 3 億 3,900 万トンは小自作農家が生産しています。 したがって、牛乳および乳業界は、バリューチェーン上のすべての人々に仕事や収入の増加をもたらすことで SDG8 に貢献する大きな可能性を秘めています。

当社のデイリー・ハブ・モデルは、新興経済国で収集コストを増加させることなく、現地生産された品質の高い牛乳の長期的な供給を確保することを目的とします。 これは小自作農家を乳業メーカーと結び付けることによって実現され、テトラパックが技術や実演による実用的知識およびトレーニングを提供します。 これは SDG のターゲット 8.2 を直接支援し、技術的なアップグレードおよびイノベーションによって経済的生産性のレベルを高めることで、SDG8 の進捗状況を測ります。 このモデルはすでに世界中で、現地生産された牛乳の供給を増やし、乳製品サプライチェーンの安定性を高めています。たとえば、バングラデシュのデイリー・ハブに携わる小自作農家は、乳牛の牛乳生産量を 4.45 リットルから 10.8 リットル (143%) 増加させ、さらに月収も 100 ドルから 144 ドルへと大幅に増加しました。 ​

世界中のケース・ストーリー

Uplands Dairy: 市場までのルートを改善

牛, Uplands Dairy, ケニア

ケニアでの新しいデイリー・ハブ プロジェクトにより、小自作農家の生産性と市場までのルートが改善します。

記事全文をご覧ください [市場までのルートを改善]

関連サイト

安全な食品、増大する人口に向けた食糧供給、ウィン ウィン ビジネスの促進、発展途上国における開発などのトピックを扱った記事、アイディア、情報が提供されています。

詳細については、unfold.tetrapak.com をご覧ください

unfold.tetrapak.com の関連情報や事例についてもご覧ください。

デイリー ハブに関する詳細については、