用語解説

当社の経済、社会、そして環境パフォーマンスについて述べるとき、テトラパックは社内と持続可能性の分野の中で特有の意味を持つ特定の用語を使います。 読者の皆様が当社のレポートを理解しやすくするために、以下のレポートでは、特に使用頻度の多い用語、組織名、および略語の一部を列挙し定義しました。

  • Carbon Trust: この企業は、政府、組織、企業が二酸化炭素排出量を削減し、そして少ない資源でより多くを成し遂げることを支援しています。 また、持続可能な低炭素経済への移行を加速することが使命であると宣言しています。

  • CDP: 以前は、カーボン ディスクロージャー プロジェクトとして知られていた国際的非営利組織であり、投資家、企業、都市、州、地域が環境への影響を管理するための、世界規模の情報開示制度を運営しています (https://www.cdp.net)。

  • 循環型経済: 循環型経済は、これまでの一方通行の経済 (生産、使用、廃棄) に代わり、資源を可能な限り長期間使用し続け、価値を維持し、各製品の耐用年数の終わりにはそれらを再生することを目的とした経済システムです。

  • デイリー・ハブ: 当社はこのデイリー・ハブ・モデルを用いて、新興経済国で収集コストを増加させることなく、現地生産された品質の高い牛乳の長期的な供給を確保します。 このモデルは小自作農家を乳業メーカーと結び付けることによって実現され、テトラパックが技術や実演による実用的知識およびトレーニングを提供します。

  • DEEPER IN THE PYRAMID: "DEEPER IN THE PYRAMID" カテゴリーは、1 日あたりの支出が 1.80 〜 7.20 ユーロである 20 億人の消費者を指します。 テトラパックの DEEPER IN THE PYRAMID (所得ピラミッドの底辺、DiP) 戦略は、この低所得層の家庭に、安全で健康的な、栄養価の高い製品を提供するよう支援しています。

  • EcoVadis: 180 の分野と 150 の国全体に、調達チームがサプライチェーンにおける持続可能性に関する実践を監視する際に役立つ評価およびスコアカードを提供しています (https://www.ecovadis.com/)。

  • 森林管理協議会™ (FSC™): 林産物に関する基準を設定し、環境に優しいと認定された林産物にはラベルを付ける活動によって、世界の森林の責任ある管理を推進する国際的非営利組織です (https://ic.fsc.org/en)。

  • 温室効果ガス (GHG) 排出量: 温室効果 (地球の下層大気に太陽熱を閉じ込める効果) の原因となるガス (特に CO2) の大気中への排出量を指します。

  • GHG プロトコル: 企業が GHG 排出量を管理し、より効率を高めるための一連の基準とツールです (https://ghgprotocol.org/)。

  • Global Reporting Initiative (GRI): 持続可能性の報告に関して、世界で最も広く採用されている最初のグローバル基準、GRI スタンダードを策定した独立国際組織です (https://www.globalreporting.org)。

  • 地域の人事代表者 (HRCR): テトラパックが事業を展開している国の代表者で、当社の人材に焦点を当てたプログラムや改善の展開へ頻繁に関与しています。

  • I-REC: 世界のあらゆる地域の消費者が国際的に認知され取引可能な再生可能エネルギー証書 (REC) にアクセスできるように、エネルギー属性追跡システムの標準を提供する組織です (http://www.internationalrec.org/)。

  • 労災事故率 (LTAR): 作業場で発生した事故による時間の損失を 100 万時間当たりの割合で表したものです (単位は日数)。 たとえば、LTAR が 7 の場合、100 万時間の作業時間のうち 7 日間が事故または怪我によって失われたことを表します。

  • 重要性と重要な問題: 重要な問題とは、組織が経済的、環境的および社会的に与える著しい影響を反映する、あるいは関係者の評価および意志決定へ大きな影響を与える問題 (エネルギー、廃棄物、人権など) を指します。 これらは、組織が持続可能性に関する戦略や報告を考慮する際に最も重要な問題です。 重要性評価は、これらの問題の状況を判断するために使用され、上級管理職によってレビューおよび検証されます。 このレポートの目的のために、テトラパックは、上記のように重要性の GRI 定義を使用します。

  • 労働安全衛生 (OHS): 作業員の安全、健康、そして福祉を指します。

  • RE100: 100 を超える有力企業が一丸となって協力し、100% 再生可能な電力の実現に取り組むグローバルなイニシアチブです (http://there100.org/re100)。

  • 科学に基づいた目標 (SBT) イニシアチブ: 科学に基づいた目標イニシアチブは、低炭素経済へ移行する中で企業の競争上の優位性を高める強力な方法として、科学に基づいた目標設定を推進しています。 企業が温室効果ガス (GHG) 排出量を削減するために採用した目標が "科学に基づく" とみなされるためには、その目標が、産業革命前からの地球温度の上昇を 2 度未満に抑えるために必要な炭素除去レベルに沿っていなければなりません (https://sciencebasedtargets.org)。

  • 関係者: 関係者とは、企業の活動に影響を与える、またはその影響を受ける可能性がある個人、グループ、または組織を指します。

  • サプライヤー倫理データ交換 (Sedex): Sedex は、サプライチェーンでの責任のある倫理的なビジネス実践を推進する非営利の会員制組織です。

  • TÜV Austria: TÜV Austria は、過去のテトラパックのサステナビリティ レポートで言及されている OK バイオ素材認証を引き継いだテストおよび認証会社です (www.tuv-at.be)。 • 国連グローバル・コンパクト (UNGC): 持続可能で社会的に責任のあるポリシーを採用し、その実施について報告することを世界中の企業に奨励するための国連のイニシアチブです (http://www.unglobalcompact.org.uk/)

  • 国連の持続可能な開発目標 (SDG): 持続可能な開発目標 (SDG) はグローバル目標とも呼ばれ、2015 年に国連によって設定された 17 項目のグローバルな目標の数々です。Millennium Development Goal(ミレニアム・ディベロップメントゴール)の成功を踏まえて、SDG は、飢餓の撲滅し、地球を保護し、そして、すべての人が平和と繁栄を享受できるようにするための活動を全世界に呼びかけています。
    https://www.un.org/sustainabledevelopment/

  • バリュー・アンド・インパクト・アナリシス (VIA) イニシアチブ: FSC 森林管理認証の影響を評価するための方法論の開発を支援するために、テトラパック、IKEA、および Kingfisher が始めたイニシアチブです。

  • 世界食糧計画 (WFP): 国連の食糧支援部門と世界最大級の人道的組織が飢餓に対処し、食の安全を推進しています (https://www1.wfp.org/)。